体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

学校のロッカー大変身!世界中で話題になった素敵なアイデアとは?

生活・趣味
150801_avenue-of-literature

ミシシッピ州ビロクシにある中学校「Biloxi Junior High School」にある、使われなくなったロッカーが3Dアートへと大変身!そのアイデアが素晴らしいと世界中で話題になっています。

使われなくなったロッカーを
オススメ読書リストに!

85singo_11230224_443284105850413_5388452357326301610_n 85singo_11536127_443284085850415_5763583599295169082_n 85singo_11403424_443284135850410_2401972337721021135_n

ずらりと並んでいるのは、同校の教師であるStacey Butera先生とElizabeth Williams先生の2名による選りすぐりの名作タイトルばかり。業務の合間をぬって進められたプロジェクトは、15年間使われずに放置されていたロッカー、計189個を魅力的に蘇らせる画期的な計画でした。

2人は、ロッカーを眺めて何とか出来ないかと一念発起。プロジェクトのアイデアを地元の街ビロクシのチャリティー団体に話したところ、600ドルの予算を受けることができたそうです。

予想外の大拡散!

ロッカーの数はかなりのもの。そこで、最初に先生たちがペイントしたロッカーの画像をFacebookへと投稿しボランティアを募ったところ、予想以上の大反響が。インターネット上で全世界に拡散されるだけではなく、地元メディア「WLOX」にも取り上げられ全国に話題が広がっていきました。

それからは沢山の寄付やボランティアの人々の持ち寄りによってペイントを実施。灰色だったロッカーがカラフルに染まり、それぞれ有名な本のタイトルが描き込まれていきました。他の先生たちからもこんなコメントが。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会