ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

この夏デートで行きたい水族館5選

DATE:
  • ガジェット通信を≫


夏デートの定番といえば、お祭りや花火大会。でも、蒸し暑い外に居続けるのはちょっとつらい…。そんな時は、涼しくて快適ながらも、夏らしさを楽しめる水族館はいかがだろうか? この夏のデートにオススメしたい注目の水族館イベントをご紹介しよう。

【もっと大きな画像や図表を見る】

●エプソン アクアパーク品川(東京都港区)
今年7月に「エプソン 品川アクアスタジアム」から名称新たにリニューアルオープンしたばかり。世界初の透過型液晶パネルと水槽をコラボレーションした「マジカルグラウンド」や、音と光の演出の中でクラゲの展示を楽しめる「ジェリーフィッシュランブル」などを新設。幻想的な雰囲気に包まれ、彼女との距離も縮まりそう!

●鴨川シーワールド(千葉県鴨川市)
目玉は、参加体験型のクラゲ展示施設「Kurage Life(クラゲライフ)」。約10種類のクラゲの展示やクラゲの生活をホログラフィック映像で再現している。イスに座って手をかざすと、ふわふわと漂うクラゲが手のひらの上に現れる 「クラゲベンチ」の設置など、まるでクラゲと一緒に海の中にいるような感覚が味わえる。イルカやシャチのダイナミックなショーが楽しめる「夏限定スペシャルパフォーマンス」も開催。

●名古屋港水族館(愛知県名古屋市)
夏休みイベント「納涼金魚まつり」では、12種類、約300点の金魚を展示。同時開催中の「水族館のモンスター」展では、ワラスボやピラニアなど、見た目がちょっとグロテスクな生物たちを見ることができる。さらに、期間限定メニュー「ワラスボの唐揚げ」(580円)の提供も。一風変わった水族館デートを楽しみたい人にオススメだ。

●マリンワールド海の中道(福岡県福岡市)
昼はダイナミックな水しぶき120%のイルカショー「スプラッシュ・フェス」、夜はウミホタルの神秘的な光を楽しめる「ウミホタルの発光実験」や2万匹のイワシによる「音と光のイワシショー」などのイベントをラインアップ。昼と夜で雰囲気が変わるため、丸一日水族館の魅力を満喫できる。

●新江ノ島水族館(神奈川県藤沢市)
「進化するえのすい」をテーマに、今年の夏はウルトラテクノロジスト集団チームラボとコラボした「ナイトワンダーアクアリウム2015」を開催。相模湾大水槽の一面にデジタルアートを映し出す演出を行う。水槽の中を縦横無尽に泳ぐ魚たちの体に映し出される光の花々は、まさに一見の価値あり。

デートスポットとして不動の人気を誇る水族館だが、その魅力はどんなところにあるのだろう? 新江ノ島水族館企画・広報チームの井上麻子さんは次のように話す。

「全体的に照明を落としているエリアが多く、ムーディな雰囲気でリラックスしたデートができるところが魅力です。静かに魚たちの動きを見ていればいいので、会話がなくても楽しめます」

なるほど、緊張しがちな初デートにもうってつけというわけだ。水槽の中を漂う魚たちの愛らしい姿に癒されながら、水族館でロマンティックなひと時を過ごしてみてはいかがだろうか?
(阿部綾奈/ノオト)
(R25編集部)

この夏デートで行きたい水族館5選はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

一度は体験したかった夏イベTOP10
江の島行きジェットコースター話題
エリート会社員1万ドルで彼女募集
恋愛「短命カップル度」診断リスト
ビーチに続け!水族館ヨガが大人気

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。