ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

産官学参入の米発高齢者コミュニティCCRC 成功のカギは立地

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“終の棲家”探しが社会問題化する中、アメリカ発の高齢者コミュニティ構想(CCRC)が注目を集めている。

 CCRCとは、健康なうちにサ高住(サービス付き高齢者向け住宅)などの施設に入居した高齢者が仕事やボランティアなどを通じ、地域社会と関わりながら暮らすコミュニティ(共同体)を指す。必要に応じて医療・介護サービスを受けられるのはもちろん、運営する事業者が仕事を紹介してくれるケースもある。

 日本版CCRC構想の推進を表明している地方公共団体は、すでに全国202団体にのぼる。それ以外にも慶応義塾大学や中部大学、高知大学などがCCRC創設の検討を始めている。民間企業の活動も活発で、秋田銀行は大学や行政機関とともにCCRC研究に乗り出している。

“産官学”挙げてCCRC参入の動きが本格化する中、成功のカギを握るのは立地条件だと話すのは、獨協大学経済学部教授の森永卓郎氏だ。

「高齢者は自分の住んできた街や人間関係を失いたくないものです。受け入れ地域が地方限定になってしまえば、この政策は成功しないでしょう。しかし、大都市圏に近い地域にCCRCができれば、可能性は大いにある。理想は都心から車や電車で90分以内です。

 CCRCは財政や社会保険ではなく、居住者の消費で支えるものです。立地を含め、いかに魅力的な街づくりができるかが重要です」

 現在、大都市近郊でこの動きが加速中だ。都心から電車で約80分の距離にある埼玉県秩父市はこの7月、姉妹都市の東京都豊島区との間で“CCRC協定”を結び、豊島区内に住む高齢者の秩父への移住促進と、受け入れ施設の整備を進めることで基本合意した。

※週刊ポスト2015年8月7日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
アメリカ発の高齢者コミュニティCCRC 日本版が目指すものは
地方の人口減少や都市の高齢者激増等の今後の対策を考える本
所在確認済みの日本最高齢者は佐賀県在住の113才の女性

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。