ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「攻殻機動隊 新劇場版」素子のアサルトライフル“シュレーディンガー”が実体化!? エアソフトガンとして発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

草薙素子使用モデルのリアルスケールエアソフトガン

映画「攻殻機動隊 新劇場版」で、“草薙素子”や“バトー”たちが使用するアサルトライフル「シュレーディンガー」が、リアルスケールのエアソフトガンとして登場する。発売元はエアソフトガンのカスタムパーツメーカー「LayLax(ライラクス)」で、発売は7月下旬を予定。

ラインナップは、電動エアソフトガン用メカボックス組込済みの「デラックスVer.(対象年齢18歳以上)」と、外装のみの「スタンダードVer.」の2種。サバイバルゲームでの使用も想定したギミックを搭載、本格的な仕上がりとなっている。

発売価格は、「デラックスVer.」が158,000円(税別)で、「スタンダードVer.」が99,800円(税別)を予定している。

部屋に飾って鑑賞することはもちろん、サバイバルゲームにも使用できる本格仕様

▼リンク
商品掲載ページ
http://www.laylax.com/infomation/koukaku0611/

有限会社ライラクス
http://www.laylax.com/

「攻殻機動隊 新劇場版」公式サイト
http://kokaku-a.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
YATTAR JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP