ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「二酸化炭素」を回収して「燃料」に!夢のリサイクルシステムが2017年に登場する

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
150801_co2-h2

カナダの企業「Carbon Engineering」が開発したのは、空気をフィルタリングすることで二酸化炭素濃度を削減することができる新しいシステムだ。加えて、純度の高い炭素を抽出し、水素とかけあわせることで「炭化水素」をつくることができる。

炭化水素とは、石油や天然ガスなどの化石燃料の主な成分。つまり、このシステムが機能すれば、大量の二酸化炭素をリサイクルし、燃料として利用できるようになる。

85singo_スクリーンショット 2015-07-31 17.38.23

植林よりも効果的な
二酸化炭素の削減が可能

この巨大な壁のような機材によって削減できる二酸化炭素量は、サッカー場ひとつ分のエリア(およそ1エーカー)に植林を行った場合よりも多くなる。なにより植林を行うには最適な環境が必要だが、どこに設置しても効果を発揮するという面でも優れている。

実はこれまでも二酸化炭素を処理する方法は研究されてきた。空気中の二酸化炭素を地下へと送り、固定化させるCCS(Carbon Capture and Storage)と呼ばれる装置がそれだ。ただし、二酸化炭素を送り込まれた土地に、どんな影響があるのかはまだわかっておらず、反対する人々も多い。

85singo_スクリーンショット 2015-07-31 17.33.43

その点、このフィルタイリングシステムでは、どこかに固定化するのではなく、二酸化炭素をリサイクルして低炭素燃料を生み出すことができる。低炭素燃料は、温室効果ガスを半減させることができる代替燃料のことだ。

85singo_スクリーンショット 2015-07-31 17.39.39

同社は、2013年からプロトタイプによる実験を行っており、2017年までにシステムを商品化する予定で計画を進めている。

空気中の二酸化炭素濃度を削減、燃料を生み出し、さらに温室効果ガス排出量を減らすことができる画期的なシステムに期待大だ。

Licensed material used with permission by Carbon Engineering

関連記事リンク(外部サイト)

「液体窒素」に手を突っ込む命知らずの男性が登場!その驚きの結果とは・・・
6時間睡眠は、飲酒状態と同じ?しかも、寝不足の回復には数ヶ月かかることも・・・
レクサスが「ホバーボード」を発表!『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』よりかっこいいかも・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。