ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人見知り男性 「軽キャンピングカー購入で人生の幅広がった」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「時間や費用を心配せずに旅行が楽しめる」「子供やペットを連れてのお出かけに最適」「災害の際にはシェルターになる」…と、人気上昇中のキャンピングカー。なかでも、軽自動車を改造した手ごろな価格の「軽キャンパー」はまさに動く“小さな家”。そんなキャンピングカーを買い換える人が増えている。

 果たしてキャンピングカーがあると生活はどう変わるのか。「無理してでも買うべき」と語るキャンピングカー歴2年のクリーニング店経営・丸本勝広さん(52才)に聞きました。

 * * *
 今乗っているのは軽キャンパーですが、キャンピングカーはこれで3台目です。軽キャンパーは、買い物や送迎など街乗りでも使える気軽さと、小回りのきくサイズ感がいいですね。断熱性に優れていて、車中泊でも暑さ・寒さの心配がない。どんなに散らかしても、体を伸ばして眠れる居住空間は何よりのメリットです。

 ぼくはその土地のグルメを楽しみによくひとり旅をするんですが、キャンピングカーに乗り始めた最初の頃なんて、なかなか目的地にたどり着けず、空腹に負けてコンビニのサンドイッチ食べちゃって後悔したり、寝心地のいいクルマを手に入れたのに、わくわくして寝付けなかったこともあります。でも、全部自分で決める旅だから、失敗もいい思い出になるんですよ。

 一生忘れられない美しい夕日も見ましたが、やはり一番の収穫は、オートキャンプ場や道の駅などで仲良くなった「仲間」ですね。ぼくは人見知りな性格なんですが、今じゃ「えっ、誰のこと?」って感じです(笑い)。「定年退職したら買おう」と考えているなら、今すぐ、無理してでも買ってごらんなさいって言いたい。人生の幅が広がりますから。

※女性セブン2015年8月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
軽キャンピングカー大ブーム 6名寝られる驚異の軽キャンも
シニアに人気の「軽キャン」 魅力は200万円前後の手頃感
キャンピングカー 主流は「バンコン」で台数の4割を占める

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP