ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

北千住の駅看板誤植騒動 どうせ忘れるのだから楽しく消費を

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 駅名の一部が「誤植」だったことがネットで話題になった。たわいもない話だが、大人力コラムストの石原壮一郎氏は「それこそ健康的」と指摘する。

 * * *
 どちらかというと地味キャラだった北千住(東京都足立区)が、はからずも熱い注目を集めています。きっかけは東京メトロ千代田線の北千住駅に掲げられた駅名の看板。ちょっと前に架け替えられた看板の「北千住」の「千」の字が、なんと、洗濯物を干すの「干」になっていました。

 制作を担当したデザイン会社のミスとのことで、東京メトロはとりあえず看板の「干」の部分にシールを貼って対応し、8月中に正しい表記の看板を設置しなおす予定だとか。それはさておき、自分は今までずっと「きたせんじゅう」だと思い込んでいました。入力するたびに「北千住鵜」と出てきて、勘違いに気づいた次第です。

 こんなノンキな出来事が大きな話題になっているところに、平和のありがたさをあらためて感じずにはいられません。もしかしたら、本気で「ケシカラン!」と目くじら立てている人もいるかもしれませんけど、その無駄に暑苦しい正義感にむしろ感心します。

 ノンキな事件はノンキに楽しむのが、大人としての粋で美しいスタンス。さっそくツイッターやフェイスブックなどのSNS上では、自分の名前に「千」が付く人が、それをこっそり「干」に変えて反応を伺うなど、事件をネタに遊んでいる光景が見られます。

 残念ながら自分の名前に「千」や、あるいは「臼」「白」がついていなくても大丈夫。この出来事をネタにする余地は、たくさんあります。あなたがもし千代田区や千葉県や千駄木や、あるいは京都の三千院に縁があれば、話題の新鮮味が薄れないうちに「もしかしたら、間違えて『干』になっている看板があるかもしれないよ。探しに行ってみよう!」と無邪気にはしゃぎましょう。まさに千載一遇のチャンスです。

 ちなみに、愛知県瀬戸市汗干町(あせびちょう)や愛媛県今治市衣干町(きぬぼしちょう)など「干」がつく地名に住んでいる方も、うかうかしている場合ではありません。「もしかしたら、間違えて『千』になっている看板が……(以下同)」とはしゃいで、粋な大人っぷりを見せつけましょう。

 似ている漢字は「千」と「干」以外にも、たくさんあります。大河ドラマの舞台にもなっている山口県萩市の「萩」と、東京都杉並区荻窪の「荻」は、お互いにさんざん間違えられてきたはず。「『萩市』って10回言ってみて」「萩市、萩市、萩市……」「阿佐ヶ谷と吉祥寺のあいだにある町は?」と、懐かしの10回クイズを出してみるのはどうでしょうか。もし相手がこんなわかりづらい意図を汲んでくれたら、一気に距離が縮まりそうです。

 広島県廿日市市(はつかいちし)などに使われている「廿」(にじゅう)と、群馬県甘楽郡(かんらぐん)などに使われている「甘」も、十分な注意が必要です。「おいおい、もしかしたら『廿日市駅』の看板が、『甘日市駅』になってるかもよ。……な、なんて読めばいいんだ?」と地名の難しさもからめてネタにすれば、知性がにじみ出るはず。

 地名がらみ以外では、居酒屋チェーンの「甘太郎」さんに、ぜひ張り切ってもらいたいところです。北千住店だけ「廿太郎(にじゅうたろう)」にしてみるのはどうでしょう。「居酒屋なので廿歳(二十歳)以上の人に来ていただきたくて」とか何とか言いながら。もしくは、どこかの天津甘栗のお店が、20個入りの袋だけ「天津廿栗」と印刷するとか。どちらも大きな話題になるはず。いや、どちらも大きなお世話な提案ですね。すいません。

 毎日こんなに暑いのに、いろんな人がいろんなことに目くじらを立てています。競技場の話題が一段落したと思ったら、今度はロゴマーク……。そういう人は、自分が先週どういうことに怒りをぶつけていたか、何に目くじらを立てていたか、きっと思い出せないに違いありません。何かに怒っている自分がお好きなんですね、きっと。

 この「北千住問題」のニュースも、1週間もすればみんな忘れてしまうでしょう。どうせ忘れてしまうなら、怒りではなく楽しさをかき立てる方向で消費させてもらったほうが健康的です。このニュースのおかげで、いろんな意味で大人の「他山の石」力を鍛えてもらいました。そして、「北千住」は「きたせんじゅ」と読むことは、もう忘れません。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
放射性物質検出にともなう水道水の摂取制限期間 全国一覧表
三菱製鋼元社員の3億円横領事件 その手口と発覚の理由とは
千住真理子 数億円のヴァイオリンがようやく話し相手になる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP