ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お家でリゾート気分♪ おすすめ「ハンギングチェア」4選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ゆらーりゆらりと、リラックスできるロハスな高級椅子として人気のハンギングチェア。もともと欧米の植民地であった南国の支配者たちが、豪邸で使っていたという家具だ。デザインが秀逸なので、部屋をお洒落に飾るインテリアとして認識している人も多いだろう。

人気の出始めた数年前とは違い、ここ最近は形、価格もバリエーションに富んできており、各々のライフスタイルに合ったものを選ぶことも可能となっている。というわけで、定番から変わり種まで数点をピックアップして紹介していこう。モダンファニチャーを代表する名作

●安田屋家具店/12万750円(※スタンドは別売り)

【画像1】モダンファニチャーを代表する名作(画像提供:安田屋家具店)

かつて月9のドラマでも使用された、ハンギングチェアのルーツとなるべき名作椅子。
今から58年前の1957年に、デンマークのディッツェル夫妻によりデザインされた。モダンでシンプルなデザインで、50年以上もの時が経過しても世界中で愛される傑作品。本物にこだわりたい人にオススメ。機能的&お買い得感たっぷり

●カインズホーム/1万9800円(在庫なくなり次第、販売終了)

【画像2】機能的&お買い得感たっぷり(画像提供:カインズホーム)

脚が伸ばせるゆったりサイズのハンギングチェアは、リーズナブルなプライスが魅力的。日よけ、スタンドと椅子本体が一体となっているモデルなので、スペースに余裕のない都会のワンルームでもリゾート空間を満喫できる。キャンプに持っていきたい

●エイアンドエフ/ブラジルハンギングチェア1万6200円

【画像3】キャンプに持っていきたい(画像提供:エイアンドエフ)

老舗野外用家具メーカーである米国のブランド“バイヤーオブメイン”では、インドア、アウトドア共に大活躍しそうなハンモックタイプが人気。綿85%×ポリエステル15%の生地は肌触りもよく、カラフルなカラーリングも楽しい。大人も楽しめる秘密基地

●IKEA/EKORREハンギングシートとエアエレメント セットで4299円

【画像4】大人も楽しめる秘密基地(画像提供:IKEA)

すっぽりと包み込まれるような、まるで秘密基地のようなデザインのハンギングチェア。本来はキッズ用(揺れることでバランス感覚や知覚が養われる)だが、最大荷量は100キロなので子どもに戻った気分で大人も楽しめる。

吊るす場所もしくはスタンドが必要だったり、意外とスペースを取る…なんて問題もあるけれど、やはりそのモダンなデザインとリラクゼーション効果は他には無い魅力。ぜひ一度、お店に出向いてその魅力を実感してほしい。●取材協力
安田屋家具店
カインズホーム 
エイアンドエフ 
イケア・ジャパン
元記事URL http://suumo.jp/journal/2015/07/30/93456/

【住まいに関する関連記事】
リアルすぎ! インテリアにもなっちゃう食品サンプル
カウンセラーが厳選!猫の健康を考えたおしゃれ猫グッズ3選
キュートに大変身! 家電のデコレーションがアツい
1万円台でバルコニーを快適空間にする術

住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP