体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

どうぶつの森スピンオフはどうして家づくり? 任天堂に聞いてみた!

どうぶつの森最新作はどうして家づくりなの?任天堂に聞いてみた!

本日、7月30日に任天堂より発売されたニンテンドー3DSソフト『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』(©2015 Nintendo)! 村でどうぶつたちとの暮らしを楽しむ大人気ゲームシリーズ『どうぶつの森』初のスピンオフタイトルです。
『どうぶつの森』では、主人公が村での暮らしを楽しむというコンセプトでしたが、今回は“家づくり”を楽しむというのがコンセプト。なぜあえて “家づくり”にスポットを当てたのでしょうか?
住宅サイト編集者、そして大の『どうぶつの森』シリーズファンである筆者が任天堂さんに行って聞いてきました!純粋におうちづくりの楽しさを感じられるゲーム!

と、いうことでやってきました任天堂!

【画像1】どうぶつの森に登場する、筆者の愛するキャラクター ゴメスになって突撃です(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部)

【画像1】どうぶつの森に登場する、筆者の愛するキャラクター ゴメスになって突撃です(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部)

まずはどんなゲームなのか、実際に体験してみました。

【画像2】知っている方にはおなじみ「たぬきハウジング」の新入社員として、さまざまなお客さんの要望に合ったお部屋をつくっていきます。今作では自分のキャラクターをはじめから自由につくることができます。地味にうれしい! (画像提供:任天堂)

【画像2】知っている方にはおなじみ「たぬきハウジング」の新入社員として、さまざまなお客さんの要望に合ったお部屋をつくっていきます。今作では自分のキャラクターをはじめから自由につくることができます。地味にうれしい! (画像提供:任天堂)

【画像3】「たぬきハウジング」に入社してはじめて担当するお客さんであるキャラメルさんのご要望は「本に囲まれた暮らし」。右が筆者がつくったお部屋。壁一面を本棚にしたらとても喜んでくれました(画像提供:任天堂)

【画像3】「たぬきハウジング」に入社してはじめて担当するお客さんであるキャラメルさんのご要望は「本に囲まれた暮らし」。右が筆者がつくったお部屋。壁一面を本棚にしたらとても喜んでくれました(画像提供:任天堂)

一通り部屋づくりを終えてみての感想はただひとつ。「た……楽しすぎる……!!!!!!」

家具だけでもベッド・ソファ・棚など細かく分けられていて、壁も壁紙・壁面家具・絵画・窓、床は床材とラグ、天井は照明や天井から吊るすオブジェまで自由にコーディネート可能です。いままでのどうぶつの森よりもできることがぐんと広がっていますし、それぞれの種類が豊富なので、テーマが決まっていても人によってかなり違った部屋ができそうです。同じテーマでも人によって全く違う部屋ができあがる!

と、いうことで、開発担当の京極あやさんと、同じテーマで同時に部屋づくりをしてみました!

【画像4】ライオネルさんのお部屋のテーマは「おもてなしのトイレ」。ト、トイレ?!?!こんなとがったテーマもあります(画像提供:任天堂)

【画像4】ライオネルさんのお部屋のテーマは「おもてなしのトイレ」。ト、トイレ?!?!こんなとがったテーマもあります(画像提供:任天堂)

【画像5】MAPを見ながら、家を建てる場所を決められます。季節も変えられちゃうんです(画像提供:任天堂)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy