ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

DAIGO ミュージシャンとしてのガチな実力について識者が解説

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 女優・北川景子(28)との熱愛や、『24時間テレビ』(日本テレビ系)のマラソンランナー抜擢など、話題に事欠かないミュージシャンのDAIGO(37)。アルファベットで略語を作る“DAI語”や独特の決めポーズなど、「イケメンだけど笑えるキャラ」は誰もが知るところだが、彼の本業である音楽のほうはというと、タレントでの活躍の割にあまり知られていない。彼の率いるロックバンド「BREAKERZ」も、アイドルバンドなのか本格派ロックバンドなのか、ファン以外の人にはわかりくいところだ。実際、ミュージシャンDAIGOに対する評価とは? そしてBREAKERZはどんなバンドなのだろうか? 

 今ではバラエティータレントとして印象が強いDAIGOだが、音楽活動を始めたのは20年も前のことだ。高校時代、卒業前の学園祭で組んだバンドが好評で、卒業後、そのままビジュアル系バンドとしてインディーズ活動することになった。

 その後、バンドが解散すると、ソロ活動をスタートさせ2003年、DAIGO☆STARDUSTとして『MARIA』でメジャーデビューを果たす。しかし、思うように売れず、2007年、現メンバーのAKIHIDE、SHINPEIとともにBREAKERZを結成したのだった。

 音楽評論家の富澤誠一さんはBREAKERZについてこう解説する。

「繊細なDAIGOのボーカルとバンドには珍しいツインギターという構成で、本格的なロックバンドといえます。ほとんどの曲の作詞・作曲を彼ら自ら手掛けています」

 今では“竹下登元首相の孫”であることはDAIGOのネタのひとつになっているが、バンドが売れない頃、その事実をずっと隠し続けていた。

「色目で見られたくない、純粋に音楽で成功したいという思いがあったのでしょう。しかし隠し続けるのは無理があって、公にする時が来た。抗うことのできない流れだったのだと思います」(富澤さん)

 BREAKERZのシングルデビューのタイミングとほぼ同じくして、DAIGOが“カミングアウト”したことでバンドの知名度は一気に上がった。これまでシングルを15枚リリースしていて、そのすべてがオリコンシングルチャート10位以内入り。オリジナルアルバム5枚のうち、2011年にリリースした『GO』はチャート4位にランクインしている。CMやテレビのタイアップ曲も多く、印象的な楽曲も数多く手がけている。

 セールス的には一定の成功を収める一方で、今のところ、誰もが知るヒット曲がないのも事実。

「名前を売る目的は果たせたので、ヒット曲が欲しいのは確かだと思います。そのためにはもう一皮向ける必要があると思います。名前が売れたことがマイナスになることもあります。『どうせタレントなんでしょ』という声を黙らせるくらいのいい曲が必要です」(富澤さん)

 DAIGOが有名になるほどミュージシャンとしてのハードルは上がっていくが、それを乗り越えるだけのポテンシャルは秘めていると言えそうだ。音楽関係者にはDAIGOの音楽性を評価する声が実は多く、L’Arc~en~Cielのhydeや氷室京介は、彼を無名時代から評価しているミュージシャンの一人だ。先に挙げたシングル『MARIA』は、氷室がDAIGOの才能にほれ込み、自らプロデュースを申し出たものだった。

 YouTubeのBREAKERZ公式チャンネルのコメント欄には、日本語よりも英語の書き込みが目立つ。タレントとしてのDAIGOを知らない外国人たちのほうが、その音楽性に高い注目を寄せているということだろうか。

 ただ、気になることがある。『24時間テレビ』で走る8月22日、23日は、BREAKERZとして約2年半振りとなる全国ツアーのまっただ中だ。タレントとしてもミュージシャンとしても大舞台が待っているが、体力的なことも含めて音楽活動への影響はないのだろうか。

「基本的にミュージシャンは普段から体を鍛えています。でないと、2時間も3時間もライブはできませんから。ただ、真夏のマラソンが過酷であることには変わりません。正直、『なんでDAIGOが走るの?』と疑問に思う人もいると思いますが、こうなったら、これをチャンスに変えてもらいたいですね。ヒット曲を生み出すためには、DAIGOが今思っているメッセージを、どれだけバンドに込められるかが鍵になると思います。たくさんの人がDAIGOが走る姿を見て応援することになるので、走りながら考えていたことを詞に乗せればヒット曲が生まれるかもしれません」(富澤さん)

 誰よりも過酷な夏を乗り切ることができれば、ミュージシャンDAIGOとしても新たな一面を生み出すきっかけになるかもしれない。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
DAIGOと加護亜依(155センチ)の合コン現場にhydeが乱入
伝説のライブ・ウッドストックの主宰者がその内幕を描いた本
北川景子とDAIGO 六本木の書店でハグをしまくり首筋にキス

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP