ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

山本美月初主演映画『東京PRウーマン』 実在のPR会社が舞台

DATE:
  • ガジェット通信を≫

山本美月の初主演映画『東京PRウーマン』が8月22日に全国で公開される。ストーリーは、ドジで自分に自信のない銀行員の三崎玲奈(山本)が、ひょんなことからPR会社に転職することになるストーリー。成功もすれば失敗もするPRウーマンの玲奈の成長を描く作品だ。
    
 共演者はほかに山本裕典、井上正大、LiLiCoらで、7月27日に新宿ピカデリーで行われた一般完成披露社会舞台挨拶には4人が勢ぞろい。同作の舞台となるPR会社「ベクトル」は実在の会社。

「若くて元気のある人が多い会社ですよ」(雑誌編集者)といった評もあり、PR会社では珍しい上場企業だ。

「PRは今や女性に人気の職種の上位ですよ」(同社関係者)という声もあり、これから本格化する大学生の就職活動にあたっては、PRという仕事を知るためにも映画を観ておくとよいかもしれない。

撮影■高柳茂


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ディズニーランド アニメがメインコンセプトではないのだ
プリンをパンに塗って焼く「プリントースト」の作り方
SKE48の顔・松井玲奈 ブレイクきっかけは『マジすか学園』

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。