ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国銀行 イタリアで組織ぐるみのマネーロンダリングが摘発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中国人によるマネーロンダリング(資金洗浄)が昨年、1兆元(約20兆円)にも達するなど、世界でも有数のマネーロンダリング大国になっていることが分かった。

 不法就労者からの賃金のピンハネや脱税、犯罪行為による不法所得などで、これらのブラックマネーを海外の偽名口座への送金、株や不動産投資などが主な手口だ。米国に拠点を置く中国情報専門の華字ニュースサイト「多維新聞網」が報じた。

 中国人が関わった大規模なマネーロンダリングとしては、イタリア・トスカーナ州の例が挙げられる。イタリアの検察当局はこのほど、マネーロンダリングと脱税の罪で、中国の大手国有銀行である中国銀行ミラノ支店と、同行行員4人を含む中国国籍者287人の計291人に対する起訴状を請求した。

 同州プラートには中国系移民の一大コミュニティーがあり、「イタリアのチャイナタウン」として知られている。プラートは人口18万8000人で、そのうち中国系移民は約1万7000人だが、不法移民を含めると約5万人にも達する。

 中国系移民は主に縫製工場を経営し、労働者の大半は不法移民で、彼らの給料のピンハネは日常的に行われている。
 
 捜査が始まったのは2008年で、不法就労者の搾取や、偽造、脱税などが中国への不正送金の資金源となっていた。

 調べによると、2006年から2010年にかけてイタリアから中国に不正送金された資金は45億ユーロ(約6300億円)に上り、このうち22億ユーロ(約3070億円)が中国銀行ミラノ支店経由で送金。中国銀行がこれまでに手数料として受け取ってきた金額は75万ユーロ(約1億円)とされる。

 中国国内でも、腐敗が横行しており、汚職による賄賂などは海外のタックスヘイブン(租税回避地)の銀行口座に振り込んたり、不動産や株式投資などによってマネーロンダリングされているという。その大半が党政府幹部の関係者や大金持ちの企業経営者で、庶民の不満が高まっている。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
総人口の移民割合 ルクセンブルク42.1%、米13.0%、日1.1%
世界中で犯罪起こす中国人 日本と韓国での外国人犯罪数1位に
中国軍香港駐留部隊トップ 党籍剥奪の軍元No.2不正に荷担か

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP