ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

山岸舞彩だけじゃない 今どき女子アナはみんなサバサバ寿退社

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、いきなりの結婚~引退発表で業界を騒然とさせた山岸舞彩に注目。

 * * *
 山岸舞彩が電撃結婚し、『NEWS ZERO』(日本テレビ系)を9月いっぱいで降板することは、テレビ局幹部や事務所関係者のみならず、オーバー40の女子アナや地方局出身のフリーアナらに衝撃を与えている。

「あんなに大きな番組のメインを自分から手放すなんて信じられない」「もったいない」というのである。

 しかし、山岸舞彩は、キャスターという仕事にしがみつかず、結婚、引退を選んだ。

 頭が良く、あっけらかんとした性格の彼女は、『サタデースポーツ』『サンデースポーツ』(NHK)後の自分の仕事がそううまくはいっていなかったことを理解していたのだろう。

 現地キャスターという大役を任せられたロンドン五輪でも、珍しくアガッてしまっていて、実はそれほどいいところがなかったし、日テレ幹部らに望まれてセンターに立った『NEWS ZERO』でも、やや期待ハズレな状況だった。

 小林麻央や板谷由夏、桐谷美玲ら女性ウケがいいキャスターと比べると、やはり山岸舞彩は女性には好かれていなかった。代表的な女性の意見は「男性たちが大騒ぎしている意味がわからない」「かわいくない」だった。

 NHKで週末にミニスカで登場していたインパクトに数字があったのに、それを封印させられたのも彼女には不運だった。

 同じく、『サタデー~』『サンデー~』を見ていた男性幹部が白羽の矢を立てたであろう『ワンダフルライフ』(フジテレビ系)も、彼女のせいではないが記録的な数字の低さで2クールで打ち切り。『~ZERO』と共に“山岸舞彩効果”は全くと言っていいほどなかったのである。

 そうしたことを「気にしている」「落ち込んでいた」と一部で報じられたが、彼女の性格を知る一人としては、ニュアンスが少し違う。山岸舞彩は、現実を理解し、自分で見切りをつけたのだと思う。写真誌などに追いかけられる毎日にもほとほと嫌気がさしていたと思われる。

 同じ「セント・フォース」の中でも“異端児”として仲が良かった八田亜矢子の結婚も山岸舞彩に少なからず影響を及ぼしたような気がする。

 医大生と結婚し、東京のレギュラーを降りて京都に住み、「彼の学費は私が出す」という男前な日々を過ごしている八田。あれだけイケイケだった彼女が結婚によって落ち着き、別のフィールドで自分の世界を広げていることは、私からもとても素敵に見えた。親友の山岸舞彩なら余計にそう思っただろう。

 実は、八田亜矢子や山岸舞彩だけではないのである。有名な「30歳定年説」に女子アナたちが落胆したのも今は昔。昨今、在京局の若き人気女子アナの多くは寿退社するのがトレンドと言ってもいいのである。

 フリーになってから、うまくいっているか、いっていないか、仕事をしているか、していないかは別として、高島彩、中野美奈子、内田恭子、阿部哲子、河野明子…。帯のレギュラーをもっていた人気女子アナはいずれも結婚を機に退社している。

 だが、その上の世代は、仕事でスケジュールが埋まっていないと不安になってしまうようだ。中井美穂、松本志のぶ、木佐彩子、(結婚はしてないが)馬場典子らのプロフィールを見ていただきたい。みんな、大小にかかわらず、仕事を拾いまくっていることがおわかりいただけると思う。

 そして、地方局出身でフリーになった女子アナは、東京で一旗揚げるのが最大の目標なので、これまた貪欲に仕事にしがみついている。在京局とはまた異なる“有名人”だった彼女たちの辞書にも“潮時”という言葉はないのだろう。

 だが、大学時代からキャンペーンガールやモデルの仕事をし、トントン拍子で五輪キャスターや報道番組のメインにまで登り詰めた山岸舞彩は、華々しい場所でゴールテープを何度も切る経験をしていたから、実にアッサリした幕引きだったというワケ。

 彼女の決断を、その下の世代の女子アナたちはどう見たのだろうか。今後を見守りたい。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
山岸舞彩アナの穴埋める杉浦友紀に「福井のスイカップ」の評
山岸舞彩アナが巨人選手と合コン三昧の陰口 参加は寺内だけ
パズドラにハマった山岸舞彩アナ 番組不調の危機感でやめる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP