ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米・独・韓のミリメシを比較 韓国軍の副食にはキムチが付属

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 自衛隊の缶詰食品を紹介した本が発売されるなど、“ミリメシ”が秘かなブームとなっている。ミリメシとは、兵士が戦場で食べるために作られた戦闘糧食のことだが、世界の軍隊はどんなミリメシを食べているのだろう?

「兵営での温かい食事を戦場でも」という思想の大国アメリカは加水式加熱材を同梱。また、人気に応じ、定期的にメニューを変更するなど柔軟性は各国軍中ベストだ。ただし味に関してはハズレがあり、特にベジタリアン食にはその傾向が……。

 ドイツ軍は成型容器のレトルトパックで軽量化を図る。主食はビスケットとクラッカーの2種類が入っているが、形と味が同じ! 3食別々のスプレッドでフォロー、という発想か? 付属している調味料が砂糖と塩だけというのも寂しい。

 日本と同様に米飯が主体だが、韓国軍の戦闘食は米飯のレトルトパック(1型)の他、フリーズドライ(2型)を採用している点が自衛隊と異なる。メニューの数は1型、2型とも各4種類と少ないが、1型の副食には必ずキムチが付属。

※SAPIO2015年8月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
自衛隊の戦闘糧食 香りやコク絶品で「世界一」との呼び声も
夏に人気・甲子園球場の串キュウリ 一本串刺しの大胆な一品
渡部陽一氏がおススメする戦争映画は『ハート・ロッカー』

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。