体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ダンボール箱を頭に被り、寝転ぶ男性。果たして彼の目的とは!?

150508_smartphone-off

いきなりですが、問題です。

ここに一枚の写真があります。写っているのは、ダンボール箱に頭を突っ込み、寝転んでいる一人の男性。さて、あなたは彼の目的がわかるでしょうか?

55_R

真っ暗な状態で音を遮断し、安眠を求めている?ダンボール箱の中にアロマオイルの香りを充満させて匂いを楽しんでいる?

残念ながらどちらも不正解です。「じゃあ、一体何してるのよ!」と思った人のために、彼が見ている景色を紹介します。

detail_1033_1437642672_R

そうです。彼は「映画鑑賞中」なのでした。よく見ると、映画館の雰囲気を表現するために用意された“観客”の姿もありますね。

とはいえ、こう言われてもまだピンとこない人もいるかもしれません。さらに詳しく説明するために別の写真を見てみましょう。ダンボール上面のスペースにスマホをはめて、バンドで固定しているのがわかります。

detail_1033_1437725551_R

実はコレ、今年設立されたばかりの企業LUCY ALTER DESIGNが「1人映画館」を実現すべく製作した非常に真面目なプロダクト。プロの設計士と共に開発し、ダンボールを高いクオリティまで昇華させた、その名も『SOLO THEATER』(ソロシアター)です。

同社はこれまでにないアプローチでものづくりに挑戦するファブレスメーカー。日本の歴史と実績あるものづくり技術に、デザインとインターネットの考え方を掛けあわせて新しいプロダクトを開発しています。

detail_1033_1437643318_R

組み立ては道具不要の超簡単設計。フタを被せてマジックテープで止めるだけです。

detail_1033_1437642409_R

あとは動画の再生ボタンを押し、頭から被ればあなただけの映画館の完成。これさえあればいろいろなシーンで自分だけの空間に閉じこもれます。

FireShot Capture - ホームシアターに革命!話題のダンボール製『1人映画館』をついに1111品_ - https___www.makuake.com_project_solotheater__R
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。