ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

手足を失った元兵士の写真集。肉体美が伝える「戦争」という現実

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アメリカ人フォトグラファーMichael Stokes氏。彼の専門は、人間の躍動感や肉体美を表現する「フィットネスフォト」と呼ばれるジャンル。彼が今回、写真集のモチーフとしたのは、戦争で手足を失った元兵士たちだった。 「サモトラケのニケ」や「ピエタ像」を連想させる構成、両手を失った天使に義足のモデルが独特の世界観を表現している。背景にすっくと生える2本の柱は、あるいは彼らの手足を奪っていった爆弾を象徴しているのだろうか。 今回モデルに協力したのは、アメリカ陸軍、空軍、そして海兵隊の元兵士たち14人。彼らは湾岸戦争で、イラク戦争で、さらにはアフガニスタンでの対テロ戦争に出兵中、負傷した人々だ。Stokes氏が伝えるところによれば、彼らの多くがIED(即席爆破装置)と呼ばれる、言わば手製の簡易爆弾によって手足を失ったそう。 撮影中 Stokes氏は、悲観的になりすぎないことを最も意識したと自信のFacebookで心境を記している。この作品が、手足を失った人々への同情を呼ぶものになってはいけない。純粋に彼らの肉体の美しさに焦点を当てて欲しいと。そこに彼の最大の目的があったよう。 米メディア「People」の取材に対するStokes氏の発言からも、その主張が伺える。

「手足が切断されているからって、魅力的に撮っちゃいけない理由がどこにあるというんだい?彼らはみんな、他のモデルたち同様、柔軟に受け入れてくれたよ。一部の人々は、彼らの傷ついた心をなだめる最良の方法だと言うだろうし、再び立ち上がる勇気を与えたなんて思うだろう。でも、彼らはみんな、未来に向かってすでに歩み始めているよ。僕は彼らに何も与えてなんかいない。彼らは何も失ってなんかいないんだ」

11月発行予定の写真集『Always Loyal』は、現在クラウドファンディング「Kickstarter」で、出資金を募集中。集まった金額の一部を戦争で負傷した兵士たちを支援する、活動団体に寄付することが決まっている。

Reference:People , Kickstarter
Licensed material used with permission by Stokes Michael

関連記事リンク(外部サイト)

板チョコ1枚に850リットル!?食品生産の裏で「大量の水」が使われている・・・
ハワイでレジ袋が全面禁止に。水着を忘れてもエコバッグは忘れるな!
間違ってマリファナを食べてしまった犬・・・その姿に450万人が同情

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP