ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

遂に、Appleの自動車が登場!?その美しいデザインに世界中が熱狂中!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

まるでiPhoneがそのまま車になったかのようなデザイン。Appleでは、密かに自律運転車両の開発が行われている…。と、多くのメディアが報じていましたが、これがまことしやかに囁かれている「Project Titan」の全貌なのでしょうか!?

実はこれ、Appleが全自動運転車両をつくったらどんなデザインになるのか、みんなで考えよう!とのコンセプトに基づいて行われたデザインコンペの作品のひとつ。クラウドソーシングサイト「Free Lancer」に登録しているデザイナーの「menithings」氏によって作成され、見事優勝賞金1500ドル(およそ20万円)を勝ち取ったものです。

技術的なところは大目に見るから、とにかくクールなデザインにしようとのことで多くの作品が集まりましたが、その中でも飛び抜けて注目を集めていたようですね。

デザインを行った本人はこう語っています。

「Appleの伝統に基づいたミニマルなデザイン。前後のガラスは超高解像度のLEDスクリーンになっていて、ヘッドライトとテールランプのデザインをユーザーが選択できる。側面のドアやハッチは全て自動で開く仕様だ」

ホイールの中心や各所にAppleロゴ「」が入っていたりと、かなりそれっぽいですよね。

以前、メルセデス・ベンツの車両がカリフォルニアで走行テストを行い話題を集めたことがありましたが、そのデザインにも多くの共通点が感じられます。もしかしたら、本当に実現しちゃうかも!?

Licensed material used with permission by  Freelancer

関連記事リンク(外部サイト)

折り紙にインスパイアされた「植木鉢」。植物と共に大きく成長する
80年代、初期「Apple」のめちゃくちゃ可愛いデザイン20選
「売れ残りの食料品、捨てたら罰金」。満場一致で決まったフランスのエコな法律

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP