ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

友達や家族にSIMフリースマホをどうやって勧めたらいい?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

7月26日、インターネットイニシアティブ(以降、IIJ)の本社(東京・飯田橋)にて“IIJの中の人”とのトークイベント「IIJmio meeting 8」が開催されました。中でも会場がおおいに沸いたのが、ライトユーザ向けコーナー「みおふぉん教室」においてIIJスタッフが周囲に「みおふぉん」を勧めた結果を披露するというもの。
登壇者は、同イベントでおなじみ、ネットワーク本部技術企画室・佐々木氏、IIJmioサービス開発担当・村越氏、会員向けメールマガジンで「Miki’s Happy mio Life」コーナーを担当する、サービス推進本部・おがわ氏の3名。 

 

ガラケーユーザの妻をSIMフリースマホに変えるまで
「ファミリーシェアプランを作ったにもかかわらず、家庭では2年ほど『1人ファミリーシェアプラン状態』だった」という佐々木氏。奥様はFOMAガラケーユーザで切替に抵抗するなか、半ば強制的に試みるところから始まります。

<使用環境とニーズ>
・使用端末:FOMAガラケー
・契約内容:ドコモ バリュープラン「タイプSSバリュー」+iモード
・ニーズ:絵文字使いたい

手順は以下のとおり。

1)自宅にあったキャリアのスマホを用意
(はじめGalaxy Nexus SC-04Dでトライ。次にXperia Z3 Compact SO-02G)
※いずれもドコモのSIMロック解除対象端末

2)IIJmio「ファミリーシェアプラン」のSIM 1枚使用(SMS機能付き)
3)spモード契約を一度してもらい、メールをそちらに付け替えてi-modeを解約
4)ドコモのサイトでIMPでドコモメールが使える「メールクライアントの設定」を申し込み

<苦労した点>
IMAPメール は当初、Androidの定番「K9mail」に絵文字のアドインをつけて使ってもらっていたところ、「メールサーバから吐き出されてきた」といったメッセージが出るたびに「壊れた」と指摘が来るように。その後ACCESS社「CpsmoSia」に切り替えたとのこと。

<教えたこと>
「メール端末にはメールが来ない」ことを伝えつつ、最低限の使い方をレクチャー。

遠く離れた相手、しかも人を介しての場合
IIJmio meeting初登場の村越氏は「知人女性の母親(沖縄在住)にSIMフリータブレットを提案」というなかなかハードルの高い挑戦を強いられました。

<使用環境とニーズ>
・使用端末:PC
・回線:ADSL
・よく使うサイト:GYAO!で動画視聴、楽天でショッピングニーズ1

・ニーズ1:メールとWEBが使えたらいい
・ニーズ2:タブレットを基本は自宅で使うが、旅行時、ホテル等でも使えるといい
・ニーズ3:Word、Excelは不要

・ニーズ4:5万円以下希望・ニーズ5:画面は大きいほうがいい

・ニーズ5:すぐに壊れたりしないのがいい

・ニーズ6:しっかりしたサポート

 

<提案内容>

「IIJmioプリペイドパック 2GB(3,791円)」をどれくらいで使いきるか調べてもらうところから始めたそう。
SIMフリータブレットはスタンドが便利で持ちやすいことから「YOGA Tablet 2」を選択。意外だったのは、メーカーの国を聞かれたこと。

<苦労した箇所>

機器セットアップのサイクルを20回くらい行った

ヒアリング→アプリダウンロード→ログイン→動作確認
公式アプリがなく、スマホに最適化されたサイト(タブレットに対応していない)はタブレットだと見づらいことがあった
タブレットだと利用できないサービスがあった。専用アプリはあっても使いづらい

いざ、導入してみると、YouTubeを流しっぱなしで寝てしまったのが影響し、3日で2GBを使い切ってしまったとのこと。プリペイドSIMでよかったという話。い、2GBを3日で使い切ってしまったとか…想定以上に動画コンテンツを視聴しているので、IIJmioが提供するプランではとても足りないので、家電量販店にて無線LAN APを購入してもらうことで、今では快適にタブレットを使ってもらっているとのこと。

 

手間と節約、簡単がキーワード
「『格安SIMがよくわからず不安』というのが二の足を踏んでしまう理由のひとつ」とおがわ氏。メルマガやSNS等通じて、みふぉんへの移行手順書を掲載したところ、初心者ユーザからの反応も上々。たとえば、「登録Apple IDの変更はまず最初にしよう」や、「メルマガ等のアドレスは変更しよう」など。移行方法がわかれば「わたしにもできるかも!?」という心理が働き、続々と質問が来るようになったといいます。

次なる壁は「違約金」。キャリア契約の場合、2年縛りが通常なので、違約金の契約残月なども含めて周囲から相談された際、試算したといいます。

<提案内容>

周囲に勧めた結果、一番ニーズとして多かったのは「SIMフリー端末の新規購入パターン」。その他、「通話用にガラケー+データ通信でiPadの組み合わせ」など。一方、お勧めしないケースは、「通話メイン」「旦那様が仕事と兼用でスマホを使用」「自宅の固定回線とセット割引」と、具体的に開示。

逆に勧めにくい環境は、

通話メイン(通話相手がガラケーや固定電話の場合)
旦那様が業務とプライベート兼務で端末を使用
自宅の固定回線と

<苦労した点>

メールをリアルタイムで受信できず、ケースが多かった
ヤフオクなど、リアルタイムを求めるものにはあまり適さない)

ここでの情報を各人活かしたいですね。

 

関連リンク

格安SIMの通信品質はプリペイドSIMで試して納得

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP