体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アリババ、音楽事業専門の「アリババ・ミュージック・グループ」創設

アリババ、音楽事業専門の「アリババ・ミュージック・グループ」創設

アリババ、音楽事業専門の子会社「アリババ・ミュージック・グループ」を創設。ストリーミングアプリを統合へ

中国最大のEコマース、アリババが音楽ビジネスにフォーカスした「アリババ・ミュージック・グループ」を立ち上げました。

新組織は音楽事業を専門にした子会社で、音楽プロデューサーでソングライターのガオ・シャオソン(高暁松)が会長、元ワーナー・チャイナの幹部でTaihe Rye Musicのトップ、Song KeがCEOに就任します。

アリババ・ミュージック・グループは最初の戦略として、アリババが2013年に買収した音楽ストリーミング・アプリ「Xiami」と「Tiantian」を統合することを発表しました。

アリババは今年3月に音楽出版および権利管理会社BMGと中国内でのデジタル配信の契約に同意し、ローリング・ストーンズやブルーノ・マーズ、ジョン・レジェンドなど世界の楽曲約250万曲へのアクセス権を獲得しています。

アリババのライバルであるTencentはソニー・ミュージック、ワーナーミュージック・グループ、韓国のYG EntertainmentとTencentのプラットフォーム上で音源をデジタル配信する契約で同意しています。

■記事元http://jaykogami.com/2015/07/11788.html

記事提供All Digital Music

Jay Kogami(ジェイ・コウガミ)
プロフィール
Twitter
Facebook

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。