ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

リリース1週間でビデオ共有110万回!撮影方法がユニークなソーシャルアプリ「Beme」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ビデオを共有するツールは数多くあるが、このほど登場した「Beme」は普段の様子をシェアするのにうってつけのiOSソーシャルアプリ。撮影操作も、近接センサーを活用するという変わり種だ。

・編集、プレビューなし!

Bemeは基本的に4秒間のビデオを共有するためのツール。ショート動画を共有できるアプリとしては、VineやInstagramなどがあり、Bemeもそれらに近い。

ただし、Beme は“素”のビデオを撮ってシェアできるというのがポイントで、撮影した映像は編集できず、またプレビュー機能もない。

・近接センサーで撮影開始

目の前で起きている事象をすぐに撮影できるよう、近接センサーでカメラを起動するというのも他には見られない点だろう。

スマホユーザーなら知っていると思うが、スマホを耳にあてるとスクリーンはオフになる。これは自分撮りカメラレンズのすぐ近くに近接センサーがあるため。

Bemeではこの近接センサー部分を覆うことで撮影が始まるようになっている。指で覆ってもいいし、端末を体にぴたりとつけてもいい。こうすることで、アプリを起動して、撮影ボタンを押して…という一連の動作をスキップできる。

・閲覧中の様子も撮影

もう一つ、面白いのがリアクション機能だ。投稿されたビデオを閲覧すると、閲覧中の様子が自分撮りカメラで自動撮影され、投稿者はその様子を確認できるというもの。

これにより、自分が投稿したビデオを閲覧した人がどんな反応を示したのか、どの部分がウケたのかなどを直接知ることができる。

Tumblr開発者が立ち上げたことでも知られるこのアプリ、リリース1週間で110万ものビデオがシェアされ、リアクション撮影も240万回という人気ぶり。新しいソーシャルメディアとして注目を集めそうだ。

ダウンロードは無料。

Beme/iTunes

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。