ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ポール・マッカートニー、ジョージ・マーティン・プロデュースの80年代初期名盤2タイトルが同時リリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ポール・マッカートニーが近年手がけている過去の名盤の豪華再発シリーズ<アーカイヴ・コレクション>の最新版が、10月2日に2タイトル同時リリースされることがオフィシャルサイトで発表となった。

 今回リリースされるのは、80年代初期の名盤『タッグ・オブ・ウォー』と『パイプス・オブ・ピース』。『タッグ・オブ・ウォー』は、ウイングスの事実上の解散後、1982年にリリースされたポールにとってソロ名義では3作目となるアルバムだ。ビートルズ解散以来、初めてとなったジョージ・マーティンのプロデュースで、スティーヴィー・ワンダー、カール・パーキンス、リンゴ・スターをはじめとする豪華ミュージシャンがゲスト参加している。大ヒットしたスティーヴィーとのデュエット曲「エボニー・アンド・アイヴォリー」や、現在もライブでの重要なレパートリーとなっている、故ジョン・レノンに捧げた「ヒア・トゥデイ」を収録している。今回、アルバム音源を、ポールの立会いのもとアビイ・ロード・スタジオにてアナログ・マルチ・テープから新たにリミックス~マスタリング。この試みは<アーカイヴ・コレクション>シリーズでは初となる。スーパー・デラックス・エディションにはオリジナル版アルバムのCDも収録されるので、違いを聴き比べるのも楽しみだ。またボーナスDVDには、「テイク・イット・アウェイ」のミュージック・ビデオの制作を追った新編集のドキュメンタリー映像も収録されている。

 一方、『パイプス・オブ・ピース』は、『タッグ・オブ・ウォー』に続いて1983年にリリースされたポールにとってソロ4作目となるアルバム。プロデュースは引き続きジョージ・マーティンが担当しており、全米チャートで6週連続1位となった大ヒット曲「セイ・セイ・セイ」を含む、マイケル・ジャクソンとのデュエット曲を2曲収録している。今回、アビイ・ロード・スタジオでリマスターされたアルバム音源に加え、ボーナス・オーディオ(CD 2)には「セイ・セイ・セイ」の最新リミックス・ヴァージョンを収録。このリミックスにはオリジナル・ヴァージョンに使用されなかったヴォーカル素材が使われている。またボーナスDVDには、ポールの自宅を訪問したマイケルとマッカートニー一家の姿をおさめた貴重なホーム・ムービー映像も収録。日本盤はSHM-CD仕様で、DVDは日本語字幕付となっている。なお、スーパー・デラックス・エディションは、シリーズの過去作品同様、豪華ブックレットを複数収録したハードケース仕様。完全生産限定盤で発売される。

◎リリース情報
2015/10/2 RELEASE
『タッグ・オブ・ウォー』
スーパー・デラックス・エディション [CD 3枚+DVD]:UCCO-90369 18,360円 (tax in) 
※完全生産限定盤

デラックス・エディション[CD2枚]:UCCO-3058/9  3,996円 (tax in)

『パイプス・オブ・ピース』
スーパー・デラックス・エディション[CD2枚+DVD]
UCCO-90370 16,200円(tax in)
※完全生産限定盤

デラックス・エディション
[CD2枚] UCCO-3060/1  3,996円 (tax in)

◎『タッグ・オブ・ウォー』ボックス展開映像
https://youtu.be/fRQHWEhvQiU

『パイプス・オブ・ピース』ボックス展開映像
https://youtu.be/e5A2qlWORNM

photo / Paul at Air Studio – (c) 1981 Paul McCartney_Photographer Linda McCartney

関連記事リンク(外部サイト)

ポール・マッカートニーが73歳に
ディラン、キャッシュ、ポール、バーズらがナッシュビルに残した貴重音源36曲を収録したコンピレーションが発売
ポール・マッカートニー 49年ぶりの武道館公演レポートが到着「武道館! マタアイマショウ!」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP