ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

格安スマホの新定番になるか!?ZenFone 2 Laser 発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ASUS JAPAN株式会社(以下、ASUS)は、レーザーオートフォーカス搭載の新モデル「ZenFone 2 Laser」を8月8日より販売予定であることを発表しました。なお、価格は16GBモデルで27,800円になる見通しです。
 今回発表された機種は、5月16日より販売を開始した「Zen Fone 2」の新たなラインナップとしてカタログに加わったZen Fone 2 Laserは、昨年発売された人気機種「Zen Fone 5」の後継モデルにあたります。

端末デザインをみると、ZenFone 2と同じく背面パネルの中央部にボリュームボタンを配置していますが、スペックを見るとZenFone 5の後継機に位置づけられていることが分かりました。両者の主なスペックを比較してみましょう。

ZenFone 2 LaserとZenFone 5の主なスペック

  ZenFone 2 Laser ZenFone 5
サイズ / 重量
71.5×143.7×3.5~10.5mm
145g

72.8×148.2×10.34mm
145g
OSバージョン Android 5.0
Android 4.4

ディスプレイ 5インチ 1,280×720(HD)
5インチ 1,280×720(HD)

CPU Qualcomm Snapdragon 410 Qualcomm Snapdragon 400
RAM / ROM 2GB/16GB 2GB/16GB、2GB/32GB
LTEバンド Band 1/3/5/6/8/9/18/19/28 Band 1/3/7/8/19
Wi-Fi IEEE 802.11 b/g/n IEEE 802.11 b/g/n
バッテリー容量 2,400mAh 2,110mAh
カメラ画素数 メインカメラ:1300万画素
インカメラ:500万画素 メインカメラ:800万画素
インカメラ:200万画素

 幾つかの項目で同じ内容となっているものの、ZenFone 5と比較してZenFone 2 Laserがブラッシュアップされているのが分かります。厚みは若干増したものの端末サイズは小型になっています。

利用可能なLTEバンドとして、新たにBand 5/6/9/28が追加。現在のところサービスインはしていませんが、ドコモが2015年よりスタート予定のBand 28にも対応しているのは大きなポイントでしょうか。また、ZenFone 2 LaserはデュアルSIMスロットを備えており、どちらのスロットもLTE通信に対応しているので異なる格安SIMを入れて使い分けることも可能です。

また、カメラの画素数が大幅にアップしたものも注目ポイント。最大のウリであるレーザーオートフォーカスを活かすため、カメラの画素数がアップしたのはもちろんのこと、明るいレンズを採用するなどしています。

ROM容量が16GBモデルで比較すると、ZenFone 5が26,800円だったのに対し、ZenFone 2 Laserは27,800円。性能が随分とアップしたものにも関わらず、1,000円しか値上がりしていないのは、「流石はASUS」といったところではないでしょうか。

すでに楽天モバイルとBIGLOBEからの販売が決定しており、楽天モバイルは8月8日から、BIGLOBEでは9月7日より販売を開始する予定です。
また、楽天モバイルでは、ROM容量16GBモデルに加え、8GBモデルも取扱い。こちらの価格は22,800円となっています。これだけのスペックのSIMフリースマホをお手頃価格で購入できるのは魅力的です。

海外の有力SIMフリースマホメーカーのリリースが続いていますが、国内メーカーにも期待したいところです。

(文:SIM通編集部)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP