ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

DIR EN GREY、過激映像も収めたMV集「AVERAGE PSYCHO 2」の詳細発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

DIR EN GREYが、9月2日にリリースするミュージックビデオ集「AVERAGE PSYCHO 2」の、ジャケットアートワークを含め全貌が発表された。

「AVERAGE PSYCHO 2」は、過激な内容からテレビなどでの放送規制がかかってしまったMVをオリジナルバージョンで収録した、2005年リリースの映像作品集「AVERAGE PSYCHO」の続編となる。

2007年リリースの6thアルバム「THE MARROW OF A BONE」より「Agitated Screams of Maggots」、2008年リリースの「UROBOROS」より「VINUSHKA」、2013年リリースの2ndミニアルバム「THE UNRAVELING」より「Unraveling」、2014年リリースの9thアルバム「ARCHE」より「Revelation of mankind」のMVのオリジナルバージョンが収録される。

さらに過去のライブにて「蜜と唾」と「THE BLOSSOMING BEELZEBUB」のパフォーマンス中に上映された映像のほか、ボーナス映像としてメンバーインタビュー、「AVERAGE PSYCHO」のダイジェスト版も収められる。またディープな映像世界を凝縮した作品のパッケージは、DIR EN GREYの過去作品のジャケットも手がけてきたアートディレクター依田耕治が「社会に対して表現の自由を問う」をテーマに制作し、以下の様にコメントした。

依田耕治氏コメント
「理想を捨てれば人類は後退するだけ」と言う文章を何処かで読んだ。必ずしも個人の理想がすべての人の理想にはならない。また、押し付けることも出来ない。多数が正しい僕らの世界。聞く声は、見る世界は、その多数に先導されたものに終始従う。が、「だけど〜」と言う人々が多い中、「だから〜」を貫くことが必要なのだと思う。だからこそ、伝えなければいけないこと、伝えてもらわなければならないことが存在する。これは、ただ与えられるがままの作品ではない。与えられることによって、見る側も与えるのだ。理想が片方だけに在るのでは無い。その間に流れているものを想像し感じてほしい。そして、個々の色を、形を、生み出して欲しい。「AVERAGE PSYCHO 2」のジャケットは、そんなことを漠然と考えて作り出した。シンプルに強く、そして深くを表現出来ればと。分かりやすさの中にある意味を個々の答えで出して欲しい。そして、この作品を見たすべての人の個々の作品にして欲しい。僕にとっても、僕なりの解釈の僕の作品である。

リリース情報
「AVERAGE PSYCHO 2」
2015年9月2日発売

Blu-ray|FWXD-001 3,500円(税抜)

DVD|FWBD-001 2,500円(税抜)
<収録内容>
-Music Clip-
Agitated Screams of Maggots
VINUSHKA
Unraveling
Revelation of mankind
-Live Screen Video-
蜜と唾 (Live Screen Ver.)
THE BLOSSOMING BEELZEBUB (Live Screen Ver.)
-Bonus Footage-
Interview
AVERAGE PSYCHO Trailer
スーパージュエルケース仕様
Matufactured by FWD Inc.
Distributed by FWD Inc.

関連リンク

DIR EN GREY 公式Facebookhttps://www.facebook.com/direngreyofficial
DIR EN GREY オフィシャルサイトhttp://www.direngrey.co.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP