ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お酒の席で気になる彼を口説きモードにするひと言

DATE:
  • ガジェット通信を≫


男性は、女性とふたりでごはんに行き、お酒を飲んでいるとき、必ずといっていいほど「口説こうかな?」という選択肢が頭をよぎるもの。
お酒は男性が女性を口説くのに重要なアイテム。実は気になる男性とのお酒の飲みかたや酔いかたで、恋愛のチャンスをつかめるかどうか決まるんです。

「こんなに笑ったの、久しぶりかも」

お酒を飲んでいても、女性が楽しそうにしていなければ、男性は口説こうという気がおきません。
お互いのテンションが上がって、おしゃべりしている最中に「こんなに楽しいの久しぶりかも」「本当おもしろいんだね」「今日、ふたりで食事できてよかった」など、楽しく過ごせていることを彼に伝えましょう。
女性が楽しんでくれているとわかれば、男性も自信をもって口説くことができます。

「場所を変えて飲み直さない?」

男性は、お酒の席が長引けば長引くほど、酔いがまわって口説くチャンスもが増えると思っています。
そして、できることならば二軒目に行きたいんです。女性側から「もう一軒いかない?」「もうちょっとつきあってよ」「近くにいいところあるから飲み直そうよ」と提案されると、「イケるかも!」と胸をときめかせます。
女性側から提案すると、ノッていることがわかるので男性は口説きモードに入りやすいです。

「ちょっとフラフラしてきちゃったかも」

まったくお酒に酔わない下戸、酒豪の女性はやっぱりモテません。お互いお酒で酔って、大胆になれたときにしか、恥ずかしくて口説けないという男性が多いからです。
女性が「フラフラしてきた」「顔熱くない?」「赤くなってる?」と言いだしたら、男性は「酔ってきたんだな」と思い、普段言えないようなことも言い出せるもの。
お酒を「口説くためのツール」として考えている男性が多いので、お酒に酔わない女性は敬遠されがちです。
大切なのは、お互いいい感じにでき上がったときに、彼を絶妙にドキッとさせられるか。酒に飲まれることなく、かわいく酔ったふりをしてみるのも、たまにはありではないでしょうか。
image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
その「モテる」、本当はただの「断れない女」なだけじゃない?
長く付き合いたいなら「グルメ男子」を選ぶべき10の理由
「有名人だと誰に似てる?」はどう答えるのが正解?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。