ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高学歴就活生の「人気企業ランキング」 総合商社が上位独占、金融系はトップ10圏外

DATE:
  • ガジェット通信を≫

8月から大手企業の内定が解禁される。今年の学生たちは、どんな企業が人気なのだろうか。調査によると、学歴のグループによって志望する業界に違いが見られるようだ。

就活サイト「レクミー」を運営するリーディングマークが、旧帝国大学と早慶を中心とする2016卒学生3550人を対象として就職人気企業を調査したところ、10社中5社を総合商社が占めたという。

1位 三菱商事
2位 三井物産
3位 伊藤忠商事
4位 JR東海
5位 住友商事
6位 丸紅
7位 トヨタ自動車
8位 東京海上日動火災
9位 サントリー
10位 三菱地所

東洋経済のランキングでは銀行、証券、保険が上位

調査対象は東大、京大、一橋大、東工大、阪大、神戸大、名大、東北大、筑波大、早大、慶大の学生で、旧帝大以外の上位校も含む。調査元によると、JR東海やトヨタ自動車、サントリーといった総合商社以外の人気企業は、旧帝大学生の地元票を多く獲得したという。

これを一般的な人気ランキングと比べてみよう。東洋経済ONLINEが学校名を限定せず2016卒の学生1万1234人に調査した人気トップ10は次のようになっている。

1位 三菱東京UFJ銀行
2位 全日本空輸
3位 JTBグループ
4位 みずほフィナンシャルグループ
5位 明治グループ
6位 丸紅
7位 野村証券
8位 大和証券グループ
9位 損保ジャパン日本興亜
10位 日本生命保険

上位10社中、銀行や証券、保険といった金融関係が6社を占めている。いずれも有名企業で、社会的な認知度も高い。同調査では金融機関が堅調な理由について、女性人気の高さを指摘し、「総合職、地域限定職、幅広い職種など女性のキャリアプランに即した採用で、学生も志望しやすいから」と分析している。
どちらのランキングにも入っている「丸紅」

これら2つの調査は、いずれも学生1人につき志望する企業の上位5社を尋ねている。これを選び出すに当たって、学生には「入りたい会社」であるとともに「入れそうな会社」「受かりそうな会社」はどこかという計算もありそうだ。

商社の採用実績校には高学歴大が名を連ね、採用数も150人前後とかなり狭き門だ。一方で大手金融機関では採用数が1500人を超えるようなところもあり、中堅以下の学生にとって可能性が感じられるのだろう。

上位校では総合商社最下位の6位に食い込んだ丸紅は、東洋経済のランキングでは総合商社で唯一トップ10に入った。三菱商事は無理でも、丸紅なら入れるのではという思いがあったのかもしれない。

あわせてよみたい:キャリコネで「丸紅」の口コミを見る
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP