ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

型破りな絵師 歌川国芳!クールで愉快な国芳ワールド炸裂「浮世絵師 歌川国芳展」開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

幕末に活躍した浮世絵師、歌川国芳の展覧会が横浜のそごう美術館で開催されます。歌川国芳といえば、卓越したデッサン力に加え、着想の独創性、斬新な構図が魅力。作品は破天荒といってもいいほど。「奇想の絵師」として伊藤若冲、長沢芦雪らとともに注目を集めています。

江戸日本橋の染物屋に生まれた国芳は、15歳の頃に初代歌川豊国の弟子となりました。長い下積み生活の末に、30歳過ぎで「水滸伝」を題材にしたシリーズが大ヒット。遅咲きのブレイクの後は、武者絵にとどまらず、役者絵や美人画、西洋画法をいち早く取り入れた風景画、戯画など多様なジャンルを手がけています。

本展では、貴重な肉筆画や開口直後の横浜を描いた『横浜本町之図』を含む、幅広いジャンルの浮世絵を約200点が展示されます。時の幕府を風刺したり、江戸の人々のヒーローだった国芳。現代の私たちも圧倒する国芳のパワーを実感し、堪能してみてはいかがでしょうか。

Japaaanでも国芳の魅力的な作品を紹介しています。こちらもあわせてどうぞ。

キモカワ擬人化!歌川国芳「ほおづきづくし」を紹介
まさに江戸時代のマンガ!浮世絵「化物忠臣蔵」がユーモアあり毒ありでオモシロ!
歌川国芳のキュンとする可愛い絵
これぞ歌川国芳!『国芳もやう正札附現金男 野晒悟助』

歌川国芳お下品すぎwww 国芳が描いた狸絵が尋常じゃないほどやらかしている件

浮世絵師 歌川国芳展

会場:そごう美術館
会期:2015年2015年8月1日(土)〜8月30日(日)
開館時間:午前10時~午後8時 ※入館は閉館の30分前まで
入館料:大人1,000円(800円)、大学・高校生800円(600円)、中学生以下無料※税込。
リピーター割引:2回目以降の来館で「歌川国芳展」の観覧済みチケット提示で当日料金から200円引き。

浮世絵師 歌川国芳展

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

まさに江戸時代のマンガ!浮世絵「化物忠臣蔵」がユーモアあり毒ありでオモシロ!
さぁみんな、恋をしよう!江戸時代の恋話にスポットをあてた浮世絵展「浮世絵恋物語」
浮世絵や日本画も!博物館所蔵の4万超の画像を無料ダウンロードできるコレクションが素晴らしい!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP