体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

進撃開始! 実写版映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』主演の三浦春馬さんと水原希子さんにインタビュー!


大ヒット作「進撃の巨人」(作:諫山創/講談社コミックスマガジン)待望の実写映画化。原作は既刊16巻(2015年6月現在)で全世界発行部数5,000万部を越えている

©2015 映画「進撃の巨人」製作委員会 ©諫山創/講談社

「その日、人類は思い出した――。

百年以上前、突如現れた巨人たちに、人類の大半は喰われ、文明は崩壊した――」

壮絶な世界観とバトル、巧みに張り巡らされた伏線とそれを解明していくストーリー展開で、今や「少年マンガの金字塔」とされるほどの人気を誇る『進撃の巨人』。来たる8月1日(土)、ついにその実写版映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』が全国で公開されます。

本場・ハリウッドでのプレミア上映会でも絶賛という噂に、進撃ファンの期待も高まるなか、今回はTime & Spaceで、エレン役の三浦春馬さんとミカサ役の水原希子さんへの突撃インタビューが実現しました!

三浦春馬、水原希子の”推しキャラ”はアノ人!


主人公であるエレン役の三浦春馬さん。より”人間らしさ”を表現したかったとのこと

©2015 映画「進撃の巨人」製作委員会 ©諫山創/講談社

――まずはお二人と『進撃の巨人』という作品の出会いについてお聞かせください。

三浦:僕は数年前に「このマンガがすごい!」ランキングで話題になっていたのを耳にして、本屋さんで手に取ってみたのがきっかけです。少年マンガならではの伏線が張り巡らされたストーリーやアクションシーンが最高に面白いですよね。水原さんも『進撃の巨人』は読んでたんですか?

水原:私も周りの友達がみんな読んでいて「面白いよ!」っていう話はよく聞いていました。でも、最初は正直男の子が読む作品だと思ってたんです。だって人が食べられちゃうんですよ!? さすがに少女漫画で人が巨人に捕食される作品はあまりないので……(笑)。でも、実際に読んでみて作品自体に”強さ”を感じたんです。


ヒロインのミカサを演じる水原希子さん。ミカサ役を演じるために、筋トレにも挑戦した

©2015 映画「進撃の巨人」製作委員会 ©諫山創/講談社

――強さ、と言うと?

水原:絵のタッチや挑戦的なストーリーなど、いろいろなものからとてつもなく強いインパクトを感じるんです。読み終わって、「こんなマンガ読んだことない!」と圧倒されました。

三浦:確かに、ページをめくるごとにその迫力に驚かされます。でも、僕はシリアスな場面で唐突に入ってくるギャグシーンもお気に入りです。諫山創先生のユーモアセンスが作品のスパイスになっていると思いますね。

――では、原作中に登場する人物の中でお二人の”推しキャラ”を教えてください!

1 2 3 4次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。