ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

その「モテる」、本当はただの「断れない女」なだけじゃない?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


男女のリアルな生活&恋愛事情を取材し、すぐに実践できるテクニックをお届け。恋に効いて素敵に変身できる「恋愛サプリ」。いい女は、普段のちょっとした心がけから作られます。

モテてるの? それとも断れないだけ?

男性人気が高いのに、決定的な彼氏ができない女性、または「好みじゃないタイプや既婚者ばかり寄ってくる」と嘆いている女性って、結構多いですよね。
これ、モテているようでじつは「単に、つまらない男の誘いにきっぱりNOが言えない」だけ、かもしれません。
女友だちのA子もそんなひとり。一見するとモテモテなんだけど、よく観察してみると彼女に言い寄ってきているのは「既婚者」か「確実にモテない君」のどちらか。
そのなかから「すてきな彼氏を選べ」というのは無理な状態なのです。そして肝心のA子も、「正直、どうでもいい人たちの相手をするのが面倒」とうんざり。
「どうでもいい相手」からの誘いなんて、きっぱり断ればいいじゃん!……と思いますが、彼女は「それができないから困っているの」と言います。

その断り文句、逆効果かも!

「どうでもいい男性陣の誘い文句に、上手に返答できない」とA子。どんなやりとりになってしまうかというと……。

「男性:彼氏いるの?」「A子:ほしいんだけど、いまはいないの」

これでは男性は「脈あり」と思ってしまいます。むしろ「俺、もしかしたら誘われてる?」という勘違いを招くことにも。

「男性:独身なら放っておかないのに」→「A子:残念! もっと早く出会っていたらな〜」

A子の精一杯の気遣いなのですが、「もしや既婚の俺もOKなのでは?」と激しく勘違いされてしまう、もっともダメなNG返答です。

「男性:(夜中に)電話してもいい? 家に行ってもいい?」→「A子:(さすがに即答はなしで翌日メッセージを送るも)ごめんなさ〜い。夕べは疲れて爆睡中でした」

いっけん模範回答のようですが、「寝てたってことは、夜は暇(男の影がない)なんだな」とこれまた図々しい誤変換をされるもとに。
「相手を傷つけたくないから」「ヘタに断って逆恨みされてストーカーになられると困るから」という理由でバシッと断れないという気持ちはわかります。
でも、あやふやな返答が「思わせぶり」となり、既婚者やどうでもいい男性陣をつけあがらせプチ・ストーカーみたいにつきまとわれたりと、いずれにしても超面倒くさい展開になってしまうことに。
基本的に男性は「勘違いしやす生き物」なので、女性のちょっとした言葉やしぐさで「俺、好かれてる?」と舞い上がります。
厚かましくて図々しい男たちならば、A子の返答では「あと1回押せばモノになる!」ととんでもない確信を持ってしまうはず。どうでもいい男たちとどうでもいい攻防戦を繰り広げるほど、時間と心の無駄遣いはありません。

「あなたは優先順位が低い男」と認識させる

ということで、私が実践している「相手をやんわりと遠ざけ、その後誘われなくなる術」を紹介します。

「彼氏いるの?」→「いや〜、いろいろありますね、人生って(笑)!」

これ、彼氏がいないときの返答例です(彼氏がいるときは、もちろん「いまーす」と元気に答えれば、相手はそれ以上は押してきません)。
彼氏の有無をはっきりさせず、「男の影があるっぽい。けれどなんかややこしいことになってるのか?」と思わせる術。
どうでもいい男たちは、「ちょっと楽しいことをしたいだけ」のことが多いので、あえて「ややこしい状態になっている女性」にちょっかいを出そうとは思いません。ひとまずはしばらく静観に入るはずです。

「男性:独身なら放っておかないのに」→「ありがとうございます(ニコッ)。ところで○○さん、あの話題の映画、ご覧になりました?(と突然話題を変える)」

本音は「あなたが独身だったとしても、我が人生に1ミクロンも影響なしじゃ!」と怒鳴りたいところですが、そこはグッと我慢して、まずは軽くお礼を述べたあとガラリと話題を変えます。
だいたいの男性は「いま、かわされた!」と気づくか「こういうことを言われ慣れている女性なんだな。俺なんかの口説き文句じゃ太刀打ちできないな」と意気消沈するかの状態になります。

「男性:(夜中に)電話してもいい? 家に行ってもいい?」→着信に気づいたとしても無視。

既読にしてもしなくもどちらでもOKです。肝心なのは即レスしないこと。1日放置したあと「昨日は外出していて、ちょっとバタバタしていたので返信が遅くなってしまいました」とだけ送ります。本当は暇にしていたとしてもです。
「外出、バタバタ」というワードが出てきた時点で「自分より優先する誰かや何かがあるんだ。俺は優先順位が低い男なんだ」というのをやんわりと自覚してもらうことができます。
「なにか御用でしたか?」と事務的に聞いてあげてもいいけれど、「○○ちゃんの声が聞きたくなって、つい」みたいなやりとりになるとウザさが増すだけ。
そんな返信が来たら、即「いいね!」みたいな雑なスタンプをひとつ送って、とどめをさしましょう。
どうでもいい男性とのやりとりって「モテている感」よりも「ウザさ」のほうが絶対的に勝ってしまい、無駄に心の重しになってしまいます。これほど、心底どうでもいいストレスもありませんよね。さっさと優しく切り捨てて、常に軽やかな気持ちでいましょう!
image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
家政婦化しないために、同棲前に決めておくべき2つの約束
彼にNOが言えない……もう我慢しない「恋愛平等宣言」!
おすそ分けでオトす。恋愛の主導権を握れる「ランチョン・テクニック」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP