ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自宅待機中も賃金は支払うの?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Q.

 社員が会社のお金を横領しているとの疑いがでてきたので、その調査のために、社員を自宅待機とさせましたが、その自宅待機中も賃金は支払わなければならないのでしょうか?

(1)支払わなければならない
(2)労務提供がなく支払わなくともよい

A.

正解(1)支払わなければならない

 自宅待機処分には、懲戒処分として自宅待機とする場合と、業務上の必要性から業務命令として自宅待機とする場合があります。

 業務命令としての自宅待機には、懲戒処分を行う前提として、不正行為の調査中に自宅待機とするものと、社員を業務に従事させるのが不適当と判断される場合の自宅待機とがあります。

 社員の横領を調査するための自宅待機は、不正行為の調査であり、また、証拠隠滅のおそれもあることから業務に従事させるのが不適当な場合の双方の要件を満たすものです。したがって、業務命令に基づく自宅待機ということになります。

 自宅待機処分が業務命令に基づく場合、自宅に待機していること自体が業務命令に基づく労務の提供であると考えられます。そこで、自宅待機自体が労務の提供である以上、これに対して会社は賃金を支払わなければならないこととなります。

元記事

自宅待機中も賃金は支払うの?

関連情報

被害弁償を受け取ってもらえない場合にはどうすればいいの?(なっとく法律相談)
社長の使い込みが発覚!役員は損害賠償を請求できる?(なっとく法律相談)
上司から横領の口止め料を渡された!(なっとく法律相談)

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP