ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

海外のウォシュレット事情!ないと困る人は、どうすればいいの?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Jun「ドイツ フランクフルトからミュンヘンへ

TRiPORTライターのヤマガミです。

ウォシュレットは今や日本で爆発的に普及しています。一般家庭をはじめ、ホテルや旅館、ショッピングセンターなど、設置されている場所はたくさん。しかしながら、海外も同様に普及していると考えてはいけません。
中国の富裕層などが、こぞってウォシュレットを買い漁る光景が、ニュースで流れることもありますが、海外でも日本のように普及しているわけではありません。利用しているのは一部の人間や、高級ホテルなどに限定されているのが現状です。

海外のウォシュレット事情

なぜ海外ではあまり普及していないのでしょう? その理由として、まず水の問題が挙げられます。正常に利用するためには、不純物のない水道水を利用する必要があります。しかし、海外の場合は水に不十分が混ざっていることも少なくありません。そのような中で使用してしまうと、不純物によって故障をしてしまうリスクがあります。それゆえにウォシュレットの流通を拡大させることが難しいようです。

他にも、感電事故対策へのコストがかかり過ぎるのも理由の一つです。水を使用する機器ですので感電対策が必要なのですが、海外仕様に新たに開発をするとなるとコストが掛かりますし、利益も得難く普及し難い背景があるのです。

日本では当たり前のように利用されているウォシュレット。なかにはウォシュレットが必要不可欠な存在で、「ないと困る」という人もいるのではないでしょうか。しかしながら海外ではあまり普及していないゆえに、ある程度の我慢も必要になってくるかもしれません。

どうしても欲しいという人は、下調べをしてからホテルなどを予約するのが良いのではないでしょうか。宿泊施設を利用する際には、事前に設備をチェックすることもできますので、とにかくないと困る人は、そのあたり情報も集めてみることをおすすめします。

携帯ウォシュレットなど、便利アイテムを持って行くのも一つの対応策です。これは専用の容器に水を入れて使うことができます。このようなアイテムは、旅行の際にも大活躍するのではないでしょうか。日本では当たり前のように存在する設備でも、海外では当たり前ではない場合もあるので、旅行などの際に困らないためにも、しっかりと下準備をしておくことが大切です。

なぜトイレに2つ便器があるの?イタリアの不思議な設備の正体
無料の公共トイレがある国は少ない?あの国では小銭を持ち歩こう

ライター:マリアヤマガミ
Photo by: Jun「ドイツ フランクフルトからミュンヘンへ

関連旅行記

*Jun「ドイツ フランクフルトからミュンヘンへ
*Masayuki Oka「これが学校?もはや世界遺産レベル⁉バリを訪れたら絶対に見るべきグリーンスクールの驚異的な建築群

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP