ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高額当せん連発の宝くじ売り場 人気上昇で広さ20→140坪に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中国・唐代末期の明州に実在したとされる伝説的な仏僧・布袋。日本では七福神の一柱とされ、広い度量や円満な人格、富貴繁栄をつかさどるものとして崇められている。

 そんな布袋の御利益が激ツキを生むのが、静岡県浜松市にある「宝くじのマスミ」だ。いかにも金運を高めてくれそうな黄色の建物に、所狭しと置かれたかえるや招き猫、そして店内の脇に木彫りの「布袋さま」が鎮座する。

 1952年に開店したというこの売り場では、なんとこれまでジャンボ宝くじだけで53本の1等をたたき出し、その当せん総額は100億円近い98億5000万円にものぼるという。売り場を切り盛りする75才のおじぃ、中村紀雄さんに幸運の秘訣を直撃した。

「うちではじめて1等が出たのは1986年の年末ジャンボだね。ちょうどこの“布袋さん”がやってきた次の年からだよ」

 開店当初は毛糸屋を営む一方で、宝くじを販売していたというおじぃ。しかし、店の経営は次第に落ち込んでいったという。

「昔はプレゼントといったら、マフラーとかセーターとかを編んでたでしょ。でも、だんだんそういうことをする人が減っていってね。頭を抱えてたのよ。売り上げが3分の1くらいに減っちゃってさ」(中村さん、「」以下同)

 おじぃが“布袋さん”と出会ったのはそんな時だった。

「100万円が当たったというお客さんからご祝儀で1万円をもらったのよ。お酒でも飲んじゃおうか、ぱーっと遊びにでも使っちゃおうかっていろいろ考えたんだけどね。ふと立ち寄った古道具屋に“布袋さん”がいたのよ」

 店の奥で埃をかぶり、肩や背中にはひびが入っていた木彫りの布袋像。値段は4万円だったが、おじぃはなぜか買わなければならないと思ったという。

「何かピンと来るものがあったんだよね。そしたらその翌年に初めてジャンボの1等が出たんだよ」

 以来、毎年のようにジャンボの1等が出て、地元で知らない人はいない人気売り場に。20坪ほどだった店も、移転や増改築を経て140坪にまで大きくなったという。

「布袋さまだけじゃなくて、宝くじの時期には、近くの神様にお参りするようにしてるよ。あとはお墓ね。自分の墓とあっち(おじぃの妻)の墓と」

※女性セブン2015年8月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
春きらきらくじ 1万円当せん率が大幅にUPしているのが特長
浜松高額当せん連発宝くじ売り場 布袋パワーが幸運もたらす
宝くじ 1万円以上の当選だと売り場では引き換えNGの場合も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP