ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【超炎上】東京五輪のマークでパクリ疑惑のデザイナーが挑発行為か / Twitterで意味深発言

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東京オリンピックのマーク(エンブレム)のデザインが、実はパクリなのではないかと物議をかもしている騒動。すでに多数のマスコミが報じているため、皆さんもご存知だと思われる。ヨーロッパのデザイン会社『Studio Debie』と『Hey Studio』がデザインしたエンブレムと、形状や配色が酷似しているという騒動である。

・ここにきて新たな展開
この件に関してデザイナーの佐野研二郎氏(42歳)は、朝日新聞の取材に「特にコメントはない」と返答。現在は公式サイトは見られなくなり、公式Twitterも閲覧できない状態になっている。それ以降、佐野氏はいっさいコメントを発表していなかったが、ここにきて新たな展開があった。

・意味深なコメント
佐野氏のデザイン会社『MR DESIGN』の公式Twitterのプロフィール欄に、意味深なコメントが書き込みされているのだ。プロフィール欄はIDの管理者しか書き込めないため、佐野氏本人か、デザイン会社のスタッフが書いたものと思われる。そこに書かれていたコメントは以下のとおり。

・プロフィール欄
「灰色や 黒を白だと 言う人が 白紙に戻す 五輪デザイン」

・名称が「白紙撤回」
この書き込みは「パクリ疑惑」で騒ぐ人たちに対する挑発だと言っている人もいる。しかも、この公式Twitterの名称が「白紙撤回」に変更されており、ライブドアニュースは「佐野研二郎氏がTwitterで挑発か」「短歌調で挑発気味に記載」と報じている。

・公式サイトも見られないまま
現在、佐野氏の公式サイトにアクセスしても「申しわけございませんがただいまサーバーにアクセスが集中しており、一時的に閲覧制限をおこなっております」と表示される状態になっている。しかし、実際にはサーバーに付加はかかっていないようで、かなり軽い。

・パクリだと思ってない声も多い
インターネット上ではパクリだとする声が大きく取り上げられがちだが、パクリではないとする意見も少なからず出ている。無数にある世界中のデザインのなかから、ひとつやふたつは似ているデザインがあってもおかしくない。そういう考えの人もいるようだ。

・完全に炎上状態
しかし複数のポイントが他のデザインと酷似しているのも事実。インターネット上では完全に炎上状態となっているため、佐野氏が公式にコメントを出すまでパクリ疑惑は消えそうにない。

皆さんは、この東京オリンピックのエンブレムデザインをパクリだと思うだろうか? それとも偶然に似ただけだと思うだろうか?

https://youtu.be/Ius-WV248xw

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/07/31/tokyo-olympic-pakuri/

Via: MR DESIGN公式Twitter

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP