ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヘミングウェイから学ぶ、16のライフレッスン。「毎日を誠実に生きて、自分を愛せ!」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

20世紀を代表する作家、アーネスト・ヘミングウェイ。代表作は『武器よさらば』や『誰がために鐘は鳴る』、『老人と海』などで知られています。
彼が残した言葉は、世界中で今なお愛され続けています。ここでは「I Heart Intelligence」ライターのJustin Gammill氏が選んだヘミングウェイに学ぶ、人生に役立つ16の言葉を紹介します。

私は自分を奮い立たせてくれる、様々な言葉を集めています。時に孔子の知恵に目を向け、時にアラン・ワッツから教えを請うのです。そして最後は、ヘミングウェイの誠実な言葉に耳を傾けます。
彼の言葉に触れていると、美味しいウィスキーを飲んでいる時と同じような感覚に浸れるのです。ここからは、私のお気に入りの言葉を紹介していきます。

01.
「書くということに特別なことは何もない。タイプライターの前に座って、血を流しているだけだ」

02.
「本ほど忠実な友はいない」

03.
「知的な人々が幸福であることは、滅多にない」

04.
「私は無類の睡眠好きだ。人生は起きている時にトラブルが起きると知っているだろうか?」

05.
「誰かを信頼できるかどうかを知る最良の方法は、まず彼らを信頼してみることだ」

06.
「酔っぱらった時に約束したことは、しらふのときにも実行せよ。そうすれば(酔っている時は)何も言わない方が無難だとわかるだろう」

07.
「この世では誰もが傷つけられる。でもそこから強くなれる者もいる」

08.
「最初の原稿というものは、大抵ろくなものではない」

09.
「あなたがしなくてはいけないのは、本当の文を書くこと。
あなたが知っている、真実を書け」

10.
「多分、あなたはもっと恋に落ちるわ」と言われたので、
「それは地獄だな。すでに十分愛しているんだ。私を破滅させたいのか?」と私が聞くと、
「うん、あなたを破滅させたい」と彼女は言ってきた。
だから私は「いいね。それは、私が望んでいることでもある」と言った

11.
「まわりの仲間より優れていることは、特に立派なことではない。本当の気高さとは、過去の自分より優れていることだ」

12.
「私は、他人をより面白い人にするために酒を飲む」

13.
「優れた本とは、読み終えた後に実際に起きたことのような錯覚に陥るもの。 良い気分や悪い気分、後悔や悲しみを持てるのだ。もしあなたがそれを人々に与えることができるなら、作家になれるだろう」

14.
「人が話している時は、しっかりと聞け。ほとんどの人は決して聞いていないのだから」

15.
「毎日が新しい日なんだ。常に幸運であれば良いが、私は誠実でありたい。運が来るときのために準備しておくことが大事だ」

16.
「もっとも痛ましいことは、誰かを愛するあまり自分を見失い、自分が特別な存在であることを忘れてしまうことだ」

Licensed material used with permission by I Heart Intelligence

関連記事リンク(外部サイト)

社会人になると、誰もが経験する「25歳の壁」
薬物中毒を克服したライター。幸せになるための「16のメッセージ」が強い
幸せは、目に見えないところにある。「広告マンが教える、人生に大切な二つの言葉」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP