ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界中どこでも、露天風呂が楽しめる!「ハンモック」が気持ちよさそう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大自然の中で、ハンモックに揺られると気分も癒されますよね。そもそもハンモックとは、寝ている間に動物や害虫に襲われる危険性から身を守るためにネイティブ・アメリカンの間で使われていたもの。それを発見したスペイン人が、航海の揺れの中でも安眠できるとして、船乗りの間で愛用されるようになったとか。

そしていま、このハンモックの歴史に新たな一ページが刻まれようとしています。その名は、Hydro Hammock。お風呂としての機能までを持つ代物です。

このハンモックを開発したのは、Benjamin Frederick氏。曰く、自然の中でお風呂を楽しみたいといった理由からこの商品をつくったとか。

英メディア「Daily Mail Online」や米メディア「design boom」でも話題になっているHydro Hammock。
なぜこのハンモックが世界中で注目されているのか、そのワケを3つに分けて紹介します。

01.
地球中が
露天風呂に変わる!

これがあれば世界中、どこでもゆらゆら揺れる露天風呂へ様変わり!一般のハンモックより重いので、しっかりと重さに耐えうるところを探して取り付けましょう。
さらに、楽しみ方はつるすだけではありません。ビーチでお風呂を楽しみたいという人は、下画像のように砂を掘ってその中に埋め込んで楽しむこともできます。

02.
付属のヒーターでどんな場所でも
温水をゲット

ハンモックに付属でついてくるヒーターで冷水も温水に変えることができます。充電しておけば3時間連続で温めることが可能。100リットルの水を温めるのには、約30分ほどでできます。ヒーターにはUSB充電機能も付いているため、スマホなどのデバイスを充電することも。アウトドアで困りがちな、電子機器の充電も確保できます。

03.
大きさも十分!
カップルでも家族でも楽しめる

このハンモックは、約190リットルの水に加えて、成人男性2人分の重さまで耐えうるよう設計されています。素晴らしい景色を見ながら、愛する人と語り合う、二人だけの露天風呂を楽しめます。
さらに子どもたちの小さなプールとしても、活躍することだってできるのです。


 

他にも、詳しい使い方を紹介した動画はコチラから。

このHydro Hammockですが、現在、KICK STARTERで資金を募集中。価格はやや高めですが、シングルサイズで260米ドル(約3万1,000円)、ダブルサイズで390米ドル(約4万7,000円)で募集しています。しかし上記のモデルはヒーターが付いてこないため、セットで欲しい人は、920米ドル〜(約11万0,000円)かかります。

砂浜でお風呂を楽しみたい方。山の中で自然に囲まれながら、ハンモック風呂に入りたい方。ぜひ、KICK STARTERから応援してみては!?

Reference:design boom , daily mail , KICK STARTER
Licensed material used with permission by Benjamin H Frederick

関連記事リンク(外部サイト)

【1,600万回再生】米国発!「空飛ぶウォータースライダー」に話題殺到
キャンプ界の革命児「テントサイル」から新モデル発売。アウトドアの常識を変える!
小さすぎる「キャンピングトレーラー」に隠された機能が、衝撃的だった・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP