ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【独占入手】マライア・キャリーが新たなエージェンシーと全面契約

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 マライア・キャリーが米大手エージェンシーのひとつUTA(ユナイテッド・タレント・エージェンシー)と全面契約したことが明らかになった。ハリウッド・リポーターと米ビルボードが独自に入手した。彼女はこれまでCAA(クリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシー)と契約していた。

 UTAは音楽、ツアー、映画、テレビ、デジタル、ライセンス、宣伝を含む全ての分野において彼女の代理人を務めることになる。キャリーは現在、ラスベガスのコロシアム・アット・シーザーズ・パレスでの常駐コンサート【#1 to Infinity】を開催中で、5月に始まった同公演は来年2月まで続く。また、12月にはニューヨークへ戻って一連のクリスマス・コンサートを行い、その後、春にはヨーロッパ・ツアーを控えている。

 UTAのジム・バーカス会長は声明で、「マライアは世代を超えた最も偉大なアーティストのひとりである。彼女は本当に多才で、創作の限界を超え続ける彼女をサポートできることに興奮しています」と述べている。

 キャリーは世界中で2億枚以上のアルバムを売り上げており、1990年の最優秀新人賞および最優秀女性ポップ・ヴォーカル・パフォーマンス賞獲得に始まる5つものグラミー賞を受賞している。そのポップ・ヴォーカル・パフォーマンス賞受賞曲であり、ブレイクのきっかけとなったシングル「ヴィジョン・オブ・ラヴ」から、2008年の「タッチ・マイ・ボディ」まで、同歌姫は米ビルボード・シングル・チャート“Hot 100”で18曲ものNo.1ヒットを生むといった、ソロアーティストでは前人未到の記録を持っている。

 この秋にはホールマーク・チャンネルのためのテレビ映画にて監督を務める予定のキャリー。女優としてもこれまでに映画『プレシャス』や『大統領の執事の涙(Lee Daniels’ The Butler)』などに出演している。

 なお、マネージャーはWikked TVのStella Bulochnikovが今後も務めるという。

関連記事リンク(外部サイト)

ジェフ・ベック 伝説的スーパー・ギタリストによる単独公演が東京と大阪で決定
フューチャー 米ビルボード・アルバム・チャートで初の首位をマーク、テーム・インパラは4位に初登場
オーミ 米ビルボード・シングル・チャート3週連続1位を記録、5SOS新曲は何位に初登場?

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP