ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Amazon、イギリスで定額制音楽配信スタート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Amazon、イギリスで定額制音楽配信「Prime Music」を開始

Amazonがイギリスで定額制音楽配信サービス「Amazon Prime Music」を開始しました。これでAmazonはSpotify、Apple Music、Deezer、Rdio、Napster、Google Play Music、Playstation Musicなど音楽サービスが競争を繰り広げる群雄割拠のイギリス定額制音楽ストリーミング市場に参入します。

Prime MusicはAmazonが2014年に開始したサブスクリプション型音楽ストリーミングサービスで、会員は広告や追加フィー無しで音楽のストリーミング再生とダウンロードができるサービスです。

Primeメンバーは100万曲以上から好きな曲をストリーミング再生できたり、数百のプレイリストを再生することができます。

Amazon Primeはイギリスで2007年に開始、年間79ポンドで画像のクラウドストレージ、動画ストリーミング、電子書籍へのアクセス、さらにロンドン市内での
1時間配達が利用できます。

競合相手であるApple MusicやSpotifyはすでにイギリスでサービスを始めています。またアクセスできる曲数の面でも、Amazonはライバルから大きく引き離されています。しかしコスト面ではAmazonは大きな優位性があり、Amazonもここに差別化要因としています。Amazonのサービス(年間79ポンド)に比べ、Spotifyの有料オプションやApple Musicは年間120ポンドと40ドル高めの設定になっています。

Amazon Music UKのトップ、ポール・ファース(Paul Firth)は、価格帯の優位性を次の様に語っています。

「15年に渡って音楽を販売してきた経験から、どんなに音楽が好きな人でも一年で120ポンドは巨額の出費です。ですので79ポンドのパッケージの一部として他の機能に加えて音楽ストリーミングを提供できることは、利用者にとって素晴らしい価値を提供するでしょう。

私たちはダウンロードストア、CD、アナログレコード、音楽ストリーミングと、多くの聴き方を提案できるため、購入される音楽を増やし続けています。

昨年アメリカで開始したAmazon Prime Musicユーザーの約2/3は、CD、アナログレコード、またはダウンロードをAmazonで購入しました。私たちはパートナー企業により多くの利益源を提示していると確信しています。

コンテンツの面に目を向けると、Prime Musicとレーベルの間では今後も交渉が続けられると予想されます。Prime Musicでは契約を締結していないため、ユニバーサルミュージックのカタログが含まれないため、レディー・ガガやジェイ・Z、カニエ・ウェスト、ケイティ・ペリーなどの楽曲は配信されていません。またApple Musicのロイヤリティ料分配の問題で最終的に配信を決めたテイラー・スウィフトの「1989」も同様に配信されません。

■記事元http://jaykogami.com/2015/07/11780.html

記事提供All Digital Music

Jay Kogami(ジェイ・コウガミ)
プロフィール
Twitter
Facebook

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP