ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

早実・清宮幸太郎に左打ち勧めたのは元慶大ゴルフ部主将の母

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日に日にスタンドに女性ファンが増えていく。お目当てはもちろん、早稲田実業学校高等部の1年生スラッガー・清宮幸太郎くん(16才)である。スポーツ紙のベテラン記者が言う。

「地方予選の1回戦から連日20社以上のメディアが駆けつける1年生なんて今まで見たことがありません。甲子園出場を決めた決勝では、普段は内野席しか開放しない神宮球場ですが、異例の措置で外野席にも観客を入れました。入場者数も2万8000人と東京大会史上過去最高を記録しました」

 清宮くんの才能は早実中等部の1年生の時から世界で注目されてきた。2012年8月、米国・ペンシルベニア州でのリトルリーグ世界選手権に日本代表の4番で出場。放った特大ホームランは94mも飛び、66回を数える歴史ある大会で史上最長のホームランと認定された。その時から、清宮は米メディアに「和製ベーブ・ルース」と名づけられるなど、スケールの違いを見せていた。

 中学1年にしてすでに身長180cmを超えていたという恵まれた体格は両親譲り。父親は早大ラグビー部やサントリー、ヤマハ発動機を日本一に導いたラグビー界の名将・清宮克幸監督(48才)。自宅地下の室内打撃練習場で、幼い頃から息子に英才教育を授けてきた。

 父親だけではない。母親の幸世さんは、慶応大学在学時にゴルフ部の主将を務めたスポーツウーマンだ。

「幸世さんは、田中将大投手(26才)の妻・里田まい(31才)が取得したことでも知られている『アスリートフードマイスター』の資格も持っていて、小さい頃から息子さんの食事には気を使っていた。筋肉のもとになるたんぱく質を多く摂らせて、炭酸飲料やスナック菓子、ファストフード系は一切食べさせなかったといいます。だから、清宮はぽっちゃりしているように見えても、贅肉はなく、パワーが詰まった筋肉質の体をしているんです」(前出・スポーツ紙記者)

 清宮くんのバッターとしての大きな特長は右利きながら左打ちであることだ。

「実は清宮に左打ちを勧めたのは幸世さんです。“左のほうがファーストに近いからセーフになる可能性が高いので左バッターの方が有利”とアドバイスしたそうです」(前出・スポーツ紙記者)

※女性セブン2015年8月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
早実・清宮Jr.の注目度 松井や清原より遥かに高いとの評価
清宮幸太郎 甲子園全試合観戦続ける「ラガーさん」の評価は
雑誌『小学一年生』2014年の表紙モデルが3213人の中から決定

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP