ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小塚崇彦の父 結婚反対してた大島由香里に唯一聞きたいこと

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 婚約を発表したフィギュアスケートの小塚崇彦選手(26才)とフジテレビの大島由香里アナ(31才)。2010年のバンクーバー五輪後に行われた食事会で同席したことをきっかけに交際が始まり、2013年7月には交際宣言し、結婚秒読みとも報じられていた。

「ふたりが今まで結婚できなかったのは、小塚くんのお父さんが反対しているからといわれていました。5才も年上の女子アナですから、内助の功を発揮してくれるとは思えなかったんじゃないですか?」(スポーツ紙記者)

 小塚家は、祖父が愛知・名古屋にスケート文化を持ち込んだ伝説の人物。父・嗣彦(つぐひこ)さん(68才)もフィギュアの選手で、崇彦のコーチでもある。

 ふたりの交際について、本人からではなく週刊誌を読んで知ったという嗣彦さんは、2013年6月、東京スポーツの取材にこう答えていた。

「本人からも連絡ないし、状況を教えてほしいぐらいだ。この大事な時期に~。今、(小塚は)ソチ五輪のためにアメリカに行っている。一生懸命やっている。それだけ!」

 嗣彦さんの知人は、当時のことをこう振り返る。

「あの時はソチ五輪の代表になれるかどうかという大切な時期。父としてコーチとして崇彦くんに心血を注いでいた時に、思いも寄らない形で恋人がいることがわかったとあって、どうしても許せなかったんだと思います」

 あれから2年。どうして状況が変わったのか。本誌は嗣彦さんに事情を聞いた。

──婚約についてはどのように報告があったのですか?

「発表の3日前に“婚約することにした”って報告の電話がありました。アイスショーの合間だったから、それですぐに電話は切れたけど、そんなもんでしょ? 結婚の相談もありませんでしたよ。結婚を許すとか、許さないとか、私の方から一切そういうことは言ってないですから」

 幸せ一杯に息子の結婚について語る嗣彦さん。大島アナにはじめて会ったのは、昨年夏に行われたアイスショーだったという。

「会場でたまたまお会いしまして、立ち話程度で“お世話になっています”って。局のアナウンサーをされているだけあって、きれいで、受け答えのしっかりしているお嬢さんだなって思いました」

 そう話す嗣彦さんは大島アナに「ひとつだけ聞きたいことがある」という。

「カミさんも言ってましたが、“本当に崇彦でいいのか?”って聞きたい。崇彦の後ろを歩くといろんなものが落ちているというか…それぐらいだらしないんですよ。“返品不可ですよ!”ってね」

 そこまで話すと嗣彦さんはうれしそうに笑った。ちなみに、嗣彦さんいわく、大島アナは「堂々としていて、よどみなく話す人だ」という。

※女性セブン2015年8月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
フジ大島由香里アナ 恋人・小塚崇彦と結婚の話が出ない背景
フジ大島由香里と本田朋子 パパラッチ遭遇で冷やかしあう
西山喜久恵 フジ開局以来最も貢献度高いアナとされ部長待遇

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP