ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大阪野球名門PLと大阪桐蔭 先輩・後輩の関係など諸々対照的

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 同じ大阪にある高校野球の有名校だが、1956年創部のPL学園と1988年創部の大阪桐蔭はことごとく対照的な特徴を持つ。

 PLは名将・中村順司監督の下、「チームワーク」を第一に考えた。チーム打撃、送りバント、守備でのカバーなど、「チームのために自分は何をしたらいいのかをまず考える」野球である。

 対する大阪桐蔭は中田翔(日本ハム=2008年卒業)や森友哉(西武=2014年卒業)のように、誰もが躊躇なくバットを振り切る「マン振り(フルスイング)」で知られるように、とにかく各自が振り切ることが求められる。高校通算55本塁打を放ち、社会人を経て2000年に西武入団、4球団で13年間プレーした後、現在はトムス野球塾を経営する水田圭介氏はこう証言する。

「バントやエンドランの練習はしたが、試合中にそんなサインが出た記憶はあまりない。もちろんチームバッティングがまったくなかったわけではないが、“当てに行くくらいなら振り切れ”という指導でした」

 先輩・後輩の関係性も独特だ。PLのOBの片岡篤史氏はかつて『週刊ポスト』取材にこう答えている。

「PLでは先輩・後輩の上下関係が絶対。特に寮生活ではそれが厳しかった。その生活から、先輩は今何を欲しがっているか、目配り心配りができるようになり、それが相手を思いやる気持ち、チームワークにがった」

 一方の大阪桐蔭。今年のオールスターで象徴的な一幕があった。藤浪晋太郎(阪神=2013年卒業)と森が試合中にテレビインタビューを受け、その時に藤浪が「森さん、ありがとうございました」というと、森が「お疲れ、次は打つわ」と答えた。学年は森が1年後輩である。あるPLのOBはこう語った。

「PLでは絶対に考えられない。いくらメディアの前での無礼講とはいえ、先輩にタメ口なんて怖くて今でも震えてしまう」

 実はこの上下関係を撤廃したのは西谷浩一監督(45)だったという。大阪桐蔭もPLと同じく野球部は全寮制だが、コーチ時代の西谷監督は、当時の強豪野球部ならどこでも当たり前だった下級生が上級生の世話をする習慣を廃止。新入生は上級生の服の洗濯など、雑用から解放された。このため均等に練習機会が与えられることになったという指摘がある。

 先輩・後輩の垣根がなくなったメリットは他にもあった。大阪桐蔭のグラウンドには、毎オフにOBが訪れ練習を行なう。特に実家が近い中村剛也(西武=2000年卒業)は毎年のオフに、ここでバットを振るようになった。西谷監督はいう。

「それが子供たちには大きかった。やはり励みになりますからね。しかも、高級車に乗って帰ってきたりすると、プロに行けばという夢も広がる。僕にとっては同じ教え子ですが、子供たちにとってはテレビの中の憧れの人。実際の練習ぶりを見れば、自分たちの物差しにもなるでしょうし」

 大阪桐蔭に入学してきた中田は、その冬に母校で練習する「おかわり君」のバットスイングの速さに仰天して、さらに振り込むことを自らに課した。

「中田は夜中の2時まで素振りをしていたといいます。それに2年上の先輩には平田(良介、中日=2006年卒業)がいて、甲子園で1試合3ホームランを含む通算70本塁打を打ってもいた。身近な先輩が打つのは、プロを目指す強烈な刺激になったに違いありません」(在阪スポーツ紙記者)

※週刊ポスト2015年8月7日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
中村剛也や中田翔ら 大阪桐蔭OB選手が「マン振り」する理由
大阪桐蔭OBの藤浪と森 中田翔や西岡ら先輩との上下関係配慮
大阪桐蔭・藤浪投手 帽子つばに父から「楽笑」のメッセージ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP