体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

賃貸の部屋探し、物件を見ないで決める人が増加。その背景とは

賃貸の部屋探し、物件を見ないで決める人が増加。その背景とは

リクルート住まいカンパニーが「2014年度 賃貸契約者に見る部屋探しの実態調査」の首都圏版と関西版の結果を相次いで発表した。スマートフォン利用者が増加といった結果のほか、不動産会社への訪問数について「0店舗」との回答が増加するといった傾向も。賃貸の部屋探しの現場で、どういったことが起こっているのだろう?【今週の住活トピック】
「2014年度 賃貸契約者に見る部屋探しの実態調査」(首都圏版関西版)を発表/リクルート住まいカンパニー不動産会社店舗への訪問数は0、見学した物件数は0が増加!?

調査は、2014年4月~2015年3月に賃貸に入居した人を対象に、首都圏と関西圏それぞれで行われた。

利用した情報源については、減少傾向にあるものの今なお「PCサイト」がトップ(首都圏49.2%、関西圏44.6%)だが、「スマートフォン(スマホ)のサイト・アプリ」が増加を続けていることが注目だ。特に首都圏では、スマホ利用者が29.9%に達し、「不動産会社に直接訪問」の28.7%を抜いて、2位に躍り出た。関西圏のスマホ利用者は23.9%で、不動産会社に直接訪問の33.6%に次いで3位だった。首都圏・関西圏ともに、ひとり暮らしの女性社会人での利用が多いという特徴がある。

次に、「部屋探しのために訪問した不動産会社店舗数」については、平均で首都圏が1.6店舗、関西圏が1.5店舗。内訳を見ると、突出して「1店舗」が多く(首都圏42.8%、関西圏49.7%)、次いで「2店舗」(首都圏25.9%、関西圏24.1%)となっている。
注目は、「0店舗=訪問していない」が意外に多いこと。首都圏で12.2%、関西圏で11.2%と1割を超える人が、部屋探しで不動産会社の店舗を訪問していない。

さらに、「部屋探しの際に見学した物件数」では、平均で首都圏が2.6件、関西圏が2.8件となり、いずれも見学物件数は減少傾向にある。物件数の内訳を見ると、数多く見学する人もいればあまり見学しない人もいて、分散していることが分かる。しかしここでも、「0件=見学していない」との回答が1割弱(首都圏9.5%、関西圏8.7%)あるという点に注目だ。

【図1】部屋探しの際に見学した物件数(首都圏)(全体/単一回答+実数回答)(出典:リクルート住まいカンパニー「2014年度 賃貸契約者に見る部屋探しの実態調査(首都圏版)」より転載)

【図1】部屋探しの際に見学した物件数(首都圏)(全体/単一回答+実数回答)(出典:リクルート住まいカンパニー「2014年度 賃貸契約者に見る部屋探しの実態調査(首都圏版)」より転載)

【図2】部屋探しの際に見学した物件数(関西)(全体/単一回答+実数回答)(出典:リクルート住まいカンパニー「2014年度 賃貸契約者に見る部屋探しの実態調査(関西版)」より転載)

【図2】部屋探しの際に見学した物件数(関西)(全体/単一回答+実数回答)(出典:リクルート住まいカンパニー「2014年度 賃貸契約者に見る部屋探しの実態調査(関西版)」より転載)インターネット上の情報量が増えて事前に絞り込むという要因も

賃貸に入居するのに不動産会社を訪問しない、物件を見学しないということが、あるのだろうか?
一般的に考えられるのは、入学や入社のために地方から都市部に引越す、または急な転勤で地縁のない勤務先に引越すなどのように、遠方で部屋探しのための時間があまり取れないといった場合だ。勤務先で紹介された不動産会社に、ある程度お任せで決めてしまうといったことがあるかもしれない。

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。