ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

近藤真彦 野村義男について「人間としてカッコいい」と尊敬

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 近藤真彦。51歳。1979年『3年B組金八先生』の星野清役でデビューし、翌年発表の初シングル『スニーカーぶる~す』は100万枚を超える大ヒット。田原俊彦、野村義男との「たのきんトリオ」で1980年代アイドル全盛期を牽引したマッチも、今年末で芸能生活35周年を迎える。

「80年代ですか? 正直いって記憶もイメージも、僕には一切ないんです」

 石原裕次郎や美空ひばりの死と共に昭和が終わり、アイドル黄金期とも称された1980年代。10代から大人に囲まれ、孤独と闘ってきた近藤は、後ろを振り返る暇さえなく、秒単位のスケジュールに日々追われていた。

 その後、バブルから失われた20年と、日本が昭和から平成への移行に苦しむ中、こんなに上手に大人になった50代も珍しいかもしれない。

「そうかな。僕はそうは思いませんね。この35年、いろんな仕事をしてきたけど、何ひとつ極めてないでしょ? 人気的には頂点に立ったと思ったこともあったけど、むしろ『あ、自分はもうトップじゃないな』という、その後の転落の感覚の方が強い。どうやって山を下りればいいのか、モデルになる先行者が周りにはいませんでしたから……」

 そんな時、彼はレースと出会う。1984年に国内A級ライセンスを取得し、1994年にはルマン24時間耐久レースに参戦するなど、新たな挑戦を始めた。

「要するに、逃げたんです。初めは単なる趣味だったけど、スポンサーとの関係でも芸能界とは全く違う責任を負わされ、結果が出なければ即クビを切られる。そんな最も速い者だけが認められるヒリヒリした世界で常に勝負していたくて、のめり込んでいきました。

 その結果、チームを持つこともできたけど、たぶん僕は皆さんが思うほどイイ人間じゃないですよ。イイところがあるとすれば人の悪口をいわないことくらいかな。『この芸人は最近面白くない』なんて、うちの奥さんのような素人がいうと本気で怒るし、昔はヨッちゃんをあれこれいうヤツが許せなかった。でも、野村義男ほど自分の好きなことを極めた男も珍しいし、人間としてカッコいいなあって、僕は尊敬しています」

 近藤はそう謙遜するが、2000年に立ち上げたチーム「KONDO Racing」では、監督としても着実に実績をあげつつある。

「僕は経済的には最悪な時期にレースの世界に入ったし、チームの運営上、経済情勢とは無関係でいられない。結局、問われているのは当人の出方なんです。物事を時代や環境のせいにするのは簡単だけど、ピンチにこそチャンスを見出し、ここぞという反転局面を捕まえに行くくらいの逆張りの発想がないと、結果的には勝ち残れないんだと思う。

 幸い僕はそうした意識を共有する友人にも恵まれていて、ヨッちゃんや黒柳徹子さんのように細く長く付き合う人が多い。もちろん事務所の長男として後輩たちの応援はしますけど、この歳まで頑張っていると『この10人さえいてくれればいい』という存在がだんだん見えてくるものなんです」

◆近藤真彦(こんどう・まさひこ):1964年神奈川県生まれ。1980年『スニーカーぶる~す』でデビュー。1981年『ギンギラギンにさりげなく』で日本レコード大賞最優秀新人賞、1987年『愚か者』で同大賞、2010年『ざんばら』で同最優秀歌唱賞等。7月19日には伊達歩こと伊集院静作詞の名曲を集めたセルフカバーアルバム『三十五周年 近藤真彦×伊集院静=二十四曲』を発表。同時にスタートした全国ツアーでも大人・近藤真彦の魅力を存分に聞かせている。1994年に結婚し、現在は1児の父。

取材・文■橋本紀子

※週刊ポスト2015年8月7日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
近藤真彦長男が黒柳徹子と勝負 黒柳が太刀打ちできぬことも
近藤真彦 胃がんで亡くなった父に「遺骨盗難」で土下座した
書籍『「余命3カ月」のウソ』出版以降「余命4カ月」宣告も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP