ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SMAP香取慎吾がまさかの「事典」を上梓 読者招待イベントも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 SMAPの香取慎吾がJohnny’s webの会員限定サイトで連載しているブログを元に、1冊にまとめた『慎語事典』(小学館刊)がついに発売された。まさに事典のように毎回、言葉(慎語)をとりあげて独自の視点で解説したブログ3年分、500語の“慎語録”だ。

 ブログを始めた当初から、香取の頭の中には「事典仕様の体裁にしたい」という構想があったそうで、今回の『慎語事典』には辞書風の表紙の素材や箔押し、見返しや本文のデザイン…など、細部まで彼のこだわりが詰まっている。

 裏表紙や背には小学館の「学習マーク」「ひよこマーク」を入れてほしいという思わぬ希望もあり、そういったこだわりや自由な発想はさすがアーティストと思わされる。

 ブログでは毎回、モノクロの自撮り写真もアップされているが、本書ではそれを全てカラーとモノクロで掲載。シックなモノクロ写真が、カラーで見るとまた違った華やかなニュアンスが出て、ブログのファンにとっても新たな発見もあるはずだ。

 香取の写真に対するこだわりも強く、本書の写真は全て正方形になっているが、これも彼が自らアプリを使ってカラーをモノクロに加工し、サイズも1カット1カット正方形にトリミングしているという。

 また、自撮りだからこその、寝癖のままだったり、ヘアカット中だったり、バリエーション豊富すぎる私服だったり、SMAPメンバーとのオフショットだったり…全く構えない素の姿が見られるも貴重だ。

 アップだけでなく、全身、しかもジャンプやダイブしているカットもあるので、どうやって自撮りしているのか不思議だが、実は三脚とセルフタイマーを駆使しているそう。三脚は常にかばんの中に入れて持ち歩き、屋外でもパパッとセットして撮ってしまうという。

 ブログの原稿を書くのは、移動中や収録の合間、家に帰って寝る前…とさまざまなタイミングなので、3年分の中にはどこで書いたか思い出せないものもあるが、写真についてはそんなわけで、全てどんな状況で撮ったか覚えているそうだ。

 さらに、文章についても仕掛けがある。例えば、文頭の一文字ずつをつなげていくとキーワードになる隠し言葉とか、暗号のような数字の羅列のタイトルもある規則性で置き換えると言葉になっている…など。全344ページのボリュームなので、じっくり読むほどに楽しみが増していく1冊だ。

 ブログで彼が「出たい」と書いていた通り、稲垣吾郎がMCを勤めるブックバラエティ番組『ゴロウ・デラックス』(TBS系)にも出演(7月30日放送予定)。また、本の発売後に行われる出版記念トークイベントでは「慎吾の白熱講義」として、香取自らが『慎語事典』について“講義”を行うという。このイベントの抽せん応募券は本書に付いている。

 SMAPきっての“アーティスト”香取慎吾のセンスがぎっしり詰まったこの「事典」、ファンはもちろん、そうではない層にとっても、注目の一冊だ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
綾瀬・長澤・夏帆・すず 香取慎吾が「妹萌え」した豪華楽屋
AKB48ブログアクセス数1位は前田、3位板野は大島を猛追
辻希美 ネットで子育て批判されるも北斗晶に救われる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP