体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ブルックリンに学ぶ[4] 17世紀の街並みが残るハドソンに注目

ブルックリンに学ぶ住まいとまち

今回は大都市ニューヨークから飛び出し、ブルックリンから車で3時間の古き良き街Hudson(ハドソン)へ。17世紀の街並みが残るハドソンは、今やクリエイティブ系の人たちが集まりつつあるnext it townなのでした。●連載「ブルックリンに学ぶ 住まいとまちのつくり方」
5つあるニューヨークのエリアの中でもっとも人口の多いブルックリン(約250万人)。昨今さまざまなメディアでポートランドとともに注目を集めています。そんなブルックリンでは人々はどんな暮らしをしているのか? 住まいやまちづくりのヒントとなるような最新事情をお届けします。1.ギャラリーとアンティークショップが連なるメインストリート

アメリカ合衆国はもともと、ヨーロッパ人が東部地域(フィラデルフィアやワシントンなど)に入植してきて建設した国。その東部の入植地の代表格がここハドソンです。一説によると、ニューヨーク州で最も古い建物らが集まっている街だとか。

ハドソンは、17世紀にオランダ人が地元のモヒカン族から土地を購入したことをきっかけに、捕鯨をはじめとする漁業と造船で栄えました。しかし、一次産業によって発展した他の街々と同じく、80年代には街の産業はすっかり落ち目になります。

そのまま荒廃かと危ぶまれたハドソンですが、他にはない古い街並が90年代以降にアーティストやクリエイティブ系の人々に注目され、少しずつ新しい人が入ってくるように。今や、別荘を構えるニューヨーカーも現れ、古い家屋を活かしたショップやカフェがオープンするなど、新たなオシャレスポットとして人気を集めています。

かつては、生活必需品の小売店や銀行、郵便局などのサービス業が並んでいたと思われるメインロードの商店街。しかし、今ではすっかり様変わりして、ざっと歩いただけでもお店の半分以上は、アンティークショップ(主に家具)とギャラリーが占めていました。ハドソンの古い邸宅の上質なアンティークを、お手ごろ価格で手に入れようと週末にかけてニューヨークシティから物色に来る人も多いようです。

【画像1】古さを感じさせる商店の外観。ハドソンのメインストリートはこうした小さな商店が道路を挟んで両側に並び、一歩裏に入るともう住宅街というコンパクトさ(撮影:小野有理)

【画像1】古さを感じさせる商店の外観。ハドソンのメインストリートはこうした小さな商店が道路を挟んで両側に並び、一歩裏に入るともう住宅街というコンパクトさ(撮影:小野有理)

【画像2】画像1の商店のドア付近。崩れかけのレンガや朽ちかけているドアがなんともいい味を出している。ちなみに、ここは今、ビューティサロンになっている。なお商店にはポストが無いため、郵便物や新聞は直接ドアの下に差し込まれてる。誰も盗ったりしないのだろう。昔からのやり方が受け継がれ、時間の流れ方がニューヨークとは違う(撮影:小野有理)

【画像2】画像1の商店のドア付近。崩れかけのレンガや朽ちかけているドアがなんともいい味を出している。ちなみに、ここは今、ビューティサロンになっている。なお商店にはポストが無いため、郵便物や新聞は直接ドアの下に差し込まれてる。誰も盗ったりしないのだろう。昔からのやり方が受け継がれ、時間の流れ方がニューヨークとは違う(撮影:小野有理)

【画像3】メインストリートに面する商店の多くは、こうしたアンティーク家具の販売店に。昔ながらのショーウィンドーが活かされていて、お店が閉まっていても歩いて楽しい街になっている(撮影:小野有理)

【画像3】メインストリートに面する商店の多くは、こうしたアンティーク家具の販売店に。昔ながらのショーウィンドーが活かされていて、お店が閉まっていても歩いて楽しい街になっている(撮影:小野有理)2.ハンドメイドのポータル、Etsyもハドソンに

1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。