ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

チベットの首都ラサに行く方法は4つある / 現実的なのは2つ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本人がチベット自治区の首都ラサに行くには、全部で4つのルートがある。

1. 成都から飛行機でラサへ
2. 西寧から青蔵鉄道でラサへ
3. 西寧からバスでラサへ
4. カトマンズからランドクルーザーでラサへ

そのうち現実的なルートが以下の2つである。

1. 成都から飛行機でラサへ
2. 西寧から青蔵鉄道でラサへ

どちらにしても中国政府が発行する入境許可証が必要なので、旅行代理店を通じて正規ツアーを申し込むか、ツアーということにして入境許可証を発行してもらう「裏手続きによる入手」が必要である。

日本からツアーで行くのが一番簡単だが、ゆっくり旅をしたい人や、もっと大地を感じたい人は青蔵鉄道がオススメ。飛行機と違ってゆっくりと標高が高くなっていくため、高山病になりにくくなる。飛行機で行くと、数時間後に激しい頭痛や息苦しさを感じるケースが多々あるので注意が必要だ。

青蔵鉄道も飛行機も日本で申し込むと恐ろしく高額なので、資金が少ない旅行者は成都まで行き、現地の旅行代理店やホテルに依頼し、入境許可証とともにチケットの発券を依頼する。

日本人がラサから各方面に移動する方法は6つあり、そのルートは以下のとおり。

1. ラサから飛行機で成都へ
2. ラサから飛行機でカトマンズへ
3. ラサからバスで西寧へ
4. ラサから青蔵鉄道で西寧へ
5. ラサからランドクルーザーでカトマンズへ
6. ラサからランドクルーザーでパキスタンへ

そのなかで現実的なのは以下の4つ。

1. ラサから飛行機で成都へ
2. ラサから飛行機でカトマンズへ
3. ラサから青蔵鉄道で西寧へ
4. ラサからランドクルーザーでカトマンズへ

飛行機だとすぐだが、鉄道やランドクルーザーの場合はゆっくりと標高が低い場所に移動するため、高山病の患者は適していない。ちょっと運賃が高かったとしても飛行機を使用するべきだ。

また、ランドクルーザーの場合は標高5000~6000メートル以上の場所を通過し、さらに2~3日かけて移動するため、高山病が悪化した場合は地獄の苦しみとなる。ラサであらかじめ酸素ボンベを購入し、備えてから移動するべきだ。

もっと詳しく読む: Photrip フォトリップ http://photrip-guide.com/2015/07/30/tibet-2/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP