ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

矢野顕子 1年半振りアルバムはオトナテクノシリーズ第2弾、YMO名曲「Tong Poo」をリアレンジした7inchアナログを先行リリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

前作「飛ばしていくよ」から約1年半振りとなる矢野顕子のアルバム「Welcome to Jupiter」が、9月16日にリリースされる。

テクノ創成期を自ら体感、そして数々の曲を生み出してきた矢野顕子がさらに深化させたオトナテクノミュージックを世に送り出す。本作でもコーラスゲストに、くるりの岸田繁、トラックメーカー陣には、冨田恵一、深澤秀行、Seiho、tofubeats、Ovall、AZUMA HITOMIという気鋭のアーティストたちを招集した。

新曲に加え、自身の代表曲「PRAYER」や歴史的名曲「Tong Poo」、映画『モスラ』テーマソング「モスラの歌」、はっぴいえんどのカバー「颱風」、ザ・フォーク・クルセダーズのカバー「悲しくてやりきれない」などを独自の視点で変幻自在のピアノとテクノを融合させ、ジャパンテクノポップスのマスターピースを東京とニューヨークのスタジオで1年かけて完成させた。

さらに、初回限定盤には矢野のピアノと各トラックメイカーのトラックのみで再ミックスされたオトナテクノトラック集CD「Naked Jupiter」が付属される。矢野顕子の奏でる音の真髄、技術がよりわかる、ファンやビートメイカー好きには必携のディスクと言えよう。

そして、このオリジナルアルバムに先駆け、先行シングルとして「Tong Poo」の7inchアナログ盤がHMV record shopより数量限定にて9月5日(HMV record shop渋谷のみ9月1日より先行販売)にリリースが決定。同曲は、初期Yellow Magic Orchestraの代表曲の一つ、「東風」に矢野が詞をつけたもので、ライブ等でも披露されてきた人気曲。今回、Seihoとの新アレンジでの作品化となる。その一部を聞くことが出来るトレーラー映像も本日よりYouTubeにて公開された。

作品についての詳細はWelcome to Jupiter特設サイトにて随時発表となる。

Welcome to Jupiter特設サイト
http://yanojupiter.com/

アルバム「Welcome to Jupiter」トレーラー映像

リリース情報
アルバム「Welcome to Jupiter」
2015年9月16日(水)発売
初回限定盤(2枚組)VIZL-873 3,700円+税
通常盤(1枚組)VICL-64413 3,000円+税

収録曲
01. Tong Poo (Yellow Magic Orchestraカバー)
02. あたまがわるい
03. そりゃムリだ
04. わたしとどうぶつと。
05. わたしと宇宙とあなた
06. モスラの歌 (映画『モスラ』テーマソング カバー)
07. 大丈夫です
08. 颱風 (はっぴいえんど カバー)
09. 悲しくてやりきれない (ザ・フォーク・クルセダーズ カバー)
10. Welcome to Jupiter
11. PRAYER

Guest:
岸田 繁(Chorus / M3)

Track Makers(Sound Produce & Arrange)
AKIKO YANO(M6,8&9)/ Seiho(M1)/ AZUMA HITOMI(M2,3&5)/ Ovall(M4)/ 冨田恵一(M7)/tofubeats(M10)/ 深澤秀行(M11)

Naked Jupiter収録曲
01. Tong Poo(Naked Jupiter ver.)
02. わたしとどうぶつと。(Naked Jupiter ver.)
03. モスラの歌(Naked Jupiter ver.)
04. 大丈夫です(Naked Jupiter ver.)
05. 颱風(Naked Jupiter ver.)
06. Welcome to Jupiter(Naked Jupiter ver.)
07. PRAYER(Naked Jupiter ver.)

7inchアナログ「Tong Poo」
2015年9月5日(土)発売
(HMV record shop渋谷のみ9月1日より先行販売)

矢野顕子 オフィシャルサイトhttp://www.akikoyano.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。