ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】オウンドメディアもスタート!絶好調のレンタルスペースマッチングサイトを探る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

モノ、お金、サービス等の交換・共有によって成り立つ経済の仕組み、 “シェアリングエコノミー”。

欧米で始まったこの概念は、瞬く間に世界へ飛び火。日本でも、これを体現した、さまざまなサービスが生まれている。

レンタルスペースのマッチングサイト「スペなび」も、その1つだ。

全国のレンタルスペースを、地域や利用目的から検索できるという便利さが大人気。ここ数年でめきめきと頭角を現した、期待のサービスである。

7月からさらなる利用層の拡大を狙って、オウンドメディアもリリース。絶好調の本サービスについて、あどばる、スペなび事業部リーダー、中村 一隆(なかむら かずたか)氏が語ってくれた。

・パーティ、飲み会など日常的なイベント利用のニーズが増加

Q1:まずは、「スペなび」提供のきっかけから、お聞かせください。

当社は、飲食店の出店支援や運営をしているのですが、その延長として、自社でレンタルスペース運営を始めたことがきっかけです。

スペース運営者として、いくつかのレンタルスペースのポータルサイトに掲載したのですが、他のポータルサイトや大手検索サイトよりも、圧倒的に流入とCVが高かったのが、「スペなび」だったのです。

そこで、「スペなび」からのさらなる集客を期待し、ご相談に行ったところ、ご縁があって、2015年3月に事業を譲り受け、運営を始めた次第です。

Q2:「スペなび」の利用状況について、教えてください。

ユーザー数は、伸び続けています。意外かも知れませんが、会議室や会社の催し等の法人利用よりも、個人利用のほうが、より伸びているのです。

「スペなび」上の利用目的の中でも、“パーティー”で検索される方、しかも少人数が多いんです。飲み会、カラオケ、ホームパーティなど日常的なイベントの会場の選択肢として、レンタルスペースというニーズが、増えてきたように感じます。

・シェアリングエコノミー界のマーケットリーダーをめざす

Q3:今回新たにリリースされた「feeeel(フィール)」とは、どんなメディアなのでしょうか。

「feeeel」には、大きく分けて、3つの特徴があります。

レンタルスペースや「スペなび」を知っている人に、新たな活用方法をご提案する、レンタルスペースを知らない方に、知ってもらうために発信する、レンタルスペースの運営者の方に、運営ノウハウをご提供する、の3つです。

レンタルスペースは、まだまだ小さい市場ですが、“人が集まる会”は、毎日どこかで必ず起こっています。

その会がもっと楽しくなるようなアイデアをたくさん発信し、そしてレンタルスペースや「スペなび」を、身近に感じてもらえるようにしていきたい、と思っています。

Q4:今後の展開について、教えてください。

まずは、レンタルスペースの認知を広げていきたいと思っています。

レンタルスペースを活用すれば、もっと生活が便利&楽しくなるということを、「スペなび」や「feeeel」を通じて伝えていくつもりです。(中略)

(今後は、遊休資産活用の知見や営業のスピード感と行動量といった)強みを活かしながら、「スペなび」のユーザーも、掲載スペースも、もっと増やし、あらゆるニーズに応えるサイトにしていきたい。そして、シェアリングエコノミー界のマーケットリーダーになれれば、と思っています。

スペなび
feeeel(フィール)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP