ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

京都医療センターのダイエットレシピ本には丼やカレーも登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 京都医療センターのダイエット本『京都医療センター メタボ外来の3か月で確実!やせるレシピ』(セブン&アイ出版)には、従来のこんにゃくや豆腐といった低カロリー食材をアレンジした料理ではなく、丼やカレーなど“タブー”とされてきた料理がたびたび登場する。

「“面倒くさがり”で“ついドカ食い”をし、“丼ものやカレー、ラーメンが大好き”。それが、京都医療センターで15年実施してきたメタボ患者さんの行動パターンや嗜好の統計結果です。食べてもらうことが大前提なので、レシピ本にも患者さんが好むメニューをアレンジしました」(栄養管理室長 西田博樹さん)。

 目指すのは安全で健康的なダイエット。減量時だからこそバランスの良い栄養素を摂ることが不可欠だ。

「筋肉を作るたんぱく質、美肌に必要なビタミンやミネラル、排便をスムーズにする食物繊維などの栄養素は、摂取が減ると体調に支障をきたす場合もあるので要注意です」(西田さん)

※女性セブン2015年7月30日・8月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
いなばのタイカレー缶を使ったレシピ集 113種の料理を紹介
近年増加傾向にある乳がん患者受け入れ数トップ10病院発表
1日1200kcal摂取に抑えて3日続けると500g~1kg減も可能

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP