ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

又吉受賞に島田洋七「がばいばあちゃんも小説にしとけば…」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 芥川賞を受賞したお笑いコンビ・ピースの又吉直樹(35)は無類の本好きとして知られている。週に10冊は読み、これまで読んだ本は約2000冊とも語っている。

 これほどの読書家がお笑いを志し、お笑いをテーマにした小説を書いた。『火花』の受賞を誰よりも喜んでいるのは、仲間である芸人たちだ。

 ビートたけしは、7月18日放送の「ニュースキャスター」(TBS系)で、「お笑い芸人は何もないところからお笑い(ネタ)をつくっていく人たちばっかりなんだから」と芸人の資質が作家としての成功に繋がったと評価し、爆笑問題の太田光も、「太宰超えかっ!でも確かに『火花』は文句なしの名作!」と絶賛している。

 しかし『火花』が100万部超えとはいえ、上には上がいる。芸人としてだけでなく、作家としても大先輩の島田洋七から、こんな有り難いお言葉を頂戴した。

「お笑いに学歴や学校の勉強はいらんと。でもお笑いで売れよう思ったら本読んだり努力するし、そういうことが世間に分かってもらえて嬉しかったね、おめでとう。

 ただ、俺の『佐賀のがばいばあちゃん』は自伝だから、子供の頃を思い出してギャグを散りばめて書いたけど、いま思えば、『小説』っていうことにしとけば、俺も何か賞をもらえたかもしれない。惜しいことしたな(笑い)」

 400万部も売れたのに、なんと強欲な!

※週刊ポスト2015年8月7日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
芸人たちの人生を連作形式で描く青春小説『南部芸能事務所』
モテないと思われたくない女芸人 自分の肉体関係暴露しまくり
水道橋博士が芸人たちの生き様を伝える渾身のルポ『藝人春秋』

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP