ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

美味しく食べて健康リスク軽減に期待のカカオポリフェノール

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 健康のために摂取したい成分のひとつとして、よく見聞きする「ポリフェノール」。体に良いイメージはあるが、具体的にどんな成分なのだろうか。食品の機能性に詳しい愛知学院大学・心身科学部の大澤俊彦教授はこう解説する。

「ポリフェノールは、植物の表皮や種子、樹皮などに含まれる色素や苦み・渋みの成分のことです。植物が自分を食べようとする虫などの攻撃や紫外線から、身を守るために作り出す成分です」

 代表的なポリフェノールとして大澤教授が例に挙げたのが、赤ワインのレスベラトロール、緑茶のカテキン、ゴマのリグナン、大豆のイソフラボンなど。自然界にはほかにも、何千種類ものポリフェノールがあることが知られているという。そんなポリフェノールに期待される効果として、最も有名なのが“抗酸化力”だ。

「私たちヒトは、毎日500リットルの酸素を吸って生きていますが、そのうち10リットルが体内で“活性酸素”に変わってしまいます。活性酸素は、抗菌・抗ウイルス作用やホルモン合成を助けるなど、体にとっていい働きもあります。しかし、タバコや紫外線、過食やストレスなどが原因で活性酸素が過剰に作られると、私たちの体は酸化する、つまり“サビた”状態になり、老化したり、生活習慣病になったりするのです。このような活性酸素に対抗する力を抗酸化力といいます」(大澤教授)

 ポリフェノールを豊富に含む食品がさまざまある中、最近注目されているのが、チョコレートやココアに含まれる「カカオポリフェノール」だという。

「赤ワインやりんご、コーヒーなどもポリフェノールが多いことで有名ですが、100g当たりで比べると、ポリフェノール含有量は、カカオ分70%以上の“高カカオチョコレート”が最も多いのです」(大澤教授)

 近年、世界中でカカオポリフェノールについての研究が行なわれ、2000年以降は年間100件以上の医学系論文が発表されている。これらの多くが、カカオポリフェノールの強力な抗酸化力に注目したもの。大澤教授ら、愛知学院大学の研究グループも2014年から2015年にかけて、カカオポリフェノールが豊富な高カカオチョコレートを使い、愛知県蒲郡市の市民を対象に大規模な実証研究を行なった。その結果、高カカオチョコレートを4週間、毎日摂取することで、さまざまな好影響が見られた。

「チョコレートを摂取する前に比べて、4週間後には血圧が下がることがわかりました。特に血圧が高めな人で大きく下がり、平均すると『高血圧ではない』領域まで低下したのです。また、血液検査の結果から、動脈硬化のリスクを低減させる可能性があることもわかりました」(大澤教授)

 さらに同調査で明らかになったのは、認知症に対する可能性。ヒトの脳、特に記憶や学習を司る「海馬(かいば)」にはBDNF(脳由来神経栄養因子)というたんぱく質が多く存在している。このBDNFは加齢とともに減少するほか、うつ病やアルツハイマー型の認知症の患者でも減少するが、大澤教授らの研究では、高カカオチョコレートを摂取した前後で、血液中のBDNFが増加したことがわかったのだ。

「今回の研究では、一般の市民約350人に協力していただき、普段の食事に加えて、カカオ分72%の高カカオチョコレートを毎日25g食べてもらいました。これまでの研究は、欧米人対象のものが多く、そのほとんどが毎日大量のチョコレートを食べた結果を検証するというものでした。今回、日本人を対象に、少量のチョコレートでこのような有益な結果が出たことに、私自身も驚いています」(大澤教授)

 昨今は食品大手の明治など、カカオ豆の産地選びから加工まで、全工程を一貫して行う「ビーン・トゥ・バー」に取り組むメーカーも出てきており、ポリフェノール量が多くても、苦みが控えめな高品質の高カカオチョコレートが続々と登場している。健康のために“甘いものを控える”のではなく、“毎日チョコレートを食べる”のが健康習慣になりそうだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
毎日25gの高カカオチョコで血圧改善 愛知・蒲郡で大規模実験
高カカオチョコレート 認知症予防や高血圧対策にも有効との説
高カカオチョコは体にいいとの研究結果 血圧を下げる効果も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP