ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

葉から人肌まで、あらゆる表面に描ける“バイオインク” 血糖値を測定するセンサーとして機能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

伝導性インクを用いて、紙などの表面に電気回路を描けるツールを以前に紹介した。

・「bio-ink」という特殊なインクを開発中

今回、さらに一歩進んだ「bio-ink」という特殊なインクを、カリフォルニア大学サンディエゴ校のJoseph Wang氏を中心としたチームが開発しているという。

Wang氏のチームではこれまでにも、乳酸値を測定したり、メタボの兆候を検出する、インスタントタトゥー型のセンサーツールを開発している。

・市販のボールペンに、特殊インクを注入して用いる

この「bio-ink」は、さまざまな物体の表面上に“描けるセンサー”としての役割を果たす。なんと、市販のボールペンの中に、この特殊なインクを注入して利用できるという。

・もともとは血糖値測定のために開発

このインクはもともと、人間の肌に用いて、糖尿病の血糖値を測定するために開発されたもの。インクのタイプ別に、特殊な酵素が使われており、これが特定の化学物質を検出する。

インクに含まれる成分には、結合剤としての役割を果たす“ポリエチレングリコール”、電気伝導を可能にする“黒鉛粉”、物質の表面にくっつきやすくする“キトサン”、酵素を安定させるための“キシリトール”などが含まれている。

ちなみに、この混合物質は人体に安全であり、使用前に長期間の保存がきくという。

・ペン1本分で、500回の血糖値測定ができる

テスト段階では、人間の肌内部の血糖値レベルの測定、葉表面の汚染物質の検出、どちらにも成功。

ペン1本分で、およそ500回の血糖値テストがおこなえる見込みだという。

・ワイヤレスで他デバイスと接続する機能も検討

今のところ、この特殊インクはあくまでセンサーの役割を果たすのみなので、測定データの読み取りや解析のため、ワイヤレスで他のデバイスと接続できるようにするのが、当面の目標だという。

・健康モニターツールのみならず、化学物質の検出に有用

とはいえ、「bio-ink」は糖尿病患者の健康モニターツールとしてだけでなく、戦地での爆発物検知、建造物の壁面の有毒ガスを測定するツールや、スマートフォンの機能として利用するなど、さまざまな用途が考えられるだろう。実現が待たれる。

カリフォルニア大学サンディエゴ校

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP